モリカケと安全神話に思う。 吉田邦吉


モリカケ問題は政治に嘘だらけだと言われている。もし嘘の政治がはびこるなら、汚染があっても無いような話になり、あたかも全てが風評だというような雰囲気になるだろう。それも、風評被害ですら賠償は切られていることは言われていない。こうして、嘘に嘘が続き、全てが嘘であるから、まるで福島までもが嘘をついているというような政治風評をもたらしているような気さえする。東電はどこへいったのか。いちど除染しても汚染が高いところは何度でも除染なり研究なり考えていかないと福島の、復興どころか復旧すらままならない。それなのに政治が福島を見ていないのは嘘を取り繕うために嘘を重ねることに追われているからではないのかという疑問が出てくる。嘘を隠すには新たな嘘が増え続ける。原発が安全だというのは、巨大で悪質な嘘だった。これを安全神話という。今は明確に巨大な証拠がある。まずここから何とかしていただかないと福島の復興はあり得ない。愛媛県知事が言った「正直」が一躍有名になり、響いた。「モラルが酷い」というのは、戦中から、または、70年以上前から国民全体で叫ばれ続けていることを最近知った。こんなところからいっこうに改善しないように見える日本はいったい何を誇り、次世代に繋いでいくのだろう。悪質タックル事件は事件の個別性を超えて日本そのものを感じさせたのは、何故だったのか。そんな気分である。悪質な嘘は敗戦と原発事故の始まりである。悪質な嘘は卑屈と媚びへつらいの表面である。嘘は戦争と原発である。嘘は独裁の始まりである。最近では選挙で政治家の公約とは一体何なのかと思うことがよくある。文部省著作教科書は、政府が国民を欺いたから大変なことになったと言っている。野党叩きばかりする人達がほとんど言わない、権力の重大フェイクこそ見抜こう。何度でも福島の現状を検討頂き、何度でも抜本的な再回復につとめるような正直を、みんなの「まつりごと」を楽しみにしつつ。


カテゴリー: メモ   作成者: 吉田 邦吉 パーマリンク
吉田 邦吉

吉田 邦吉 について

CHIEF EDITOR ▼Yoshida Kuniyoshi / 1981年1月大熊町生まれの原発避難者。中大法卒、2000年より塾長。2013年4月、赤坂憲雄の活動のもと文の道へ、2014年9月22日に卒業同日、「WELTGEIST FUKUSHIMA」で独立し出版事業を開始。エッセイで致知出版大坪社長特別賞。会津民俗学研究会員、書籍編集長、雑誌共同執筆、福島県立博物館や横浜美術館トリエンナーレなどで講演やトーク等々、私設図書館「ふくしま本の森」にて活動等。新聞、ラジオ、テレビ、インターネット、多数のメディア出演を経験する。NHK BS1 スペシャルNHK world premium「福島タイムラプス」(出演)は全日本テレビ番組製作社連盟ATP賞テレビグランプリ優秀賞。facebook / website / Amazon▼ Essayist. Private school. Nuclear evacuee 2011-. Independent publisher. Majored in law, Chuo Uni. A special essay prize on a first-class magazine 2015. Lectures and Talks at Fukushima prefectural Museum, Yokohama Municipalcity Museum of Art as Yokohama Toriennale 2017 etc. Like learning languages, Folklore, etc. So many Appearances of Newspapers, Radio, TV, Internet, and NHK BS1 SPECIAL and NHK world premium (Fukushima TImelapse, ATP award TV grand prix, outstanding performance award 2018)