2017年3月31日 酒井 政秋


2017年3月31日

帰還困難区域を除き避難指示が解除された。

わたしは故郷の”その時”を感じたくて、飯舘村に向かった。

飯舘村に入った県道12号線(福島市ー南相馬市を結ぶ県道)には黄色の幟旗が掲げてあった。幟旗には「避難指示解除」と「おかげさまで」と書かれていた。

その姿は異様に感じた。いつか感じた光景とダブった。それは、除染が始まったときに、「除染作業中」の幟旗とこの異様な感覚が似ていた。

「これが…飯舘村⁈」おもわず一人車中で呟いた。

運転中の足が震えた。途中車を止めて、深呼吸。

なにか悪い夢を見ているような感覚になった。

これも現実だと自分の心に受け止めるまでに、時間がかかった。

今、村政は狂っている。素直にそう思った。

飯舘村は自主自立で、あるものを活かし、つつましく丁寧に心をこめて、村政をやってきた村ではなかったのか⁈

復興予算は適切に使われているのだろうか⁈

疑いたくなる光景を目の当たりにした。

これから飯舘村の未来はどうなるんだろう。

真の問題解決しないままに、この村は何を目指して生き残っていくのだろうか?

自分の心に様々な感情がうごめいている。

今日、はっきりわかったことは、「この村に帰らないんだな俺は。」ということだった。

それも受け止めながら明日を生きなければならない。

幟旗


カテゴリー: メモ   タグ: , ,   作成者: 酒井政秋   この投稿のパーマリンク
酒井政秋

酒井政秋 について

Sakai Masaaki / 1978/02/07生まれ、飯舘村で高校までを育ち東京に上京するも肌に合わず南相馬で婦人服製造業の主任を経験し、長男と言う事もあり飯舘村に戻り友人が経営する婦人服製造工場に勤めました。これから村とどう会社として個人としていくかを模索している最中、2011/3/11、東日本大震災が起こりました。夢は破れ、飯舘村での人生は砕かれました。現在、通信制大学在学中。原発被害糾弾 飯舘村民救済申立団事務局庶務 / Facebook / Website / Twitter / I was born at Iitate-mura in Soma-gun in Fukushima prefecture. I had lived there for 18 years and lived in Tokyo, but I didn't have the feeling for Tokyo's life in my body and then coming back to hometown, I had manufactured women’s clothing at Minamisoma-shi, however, I'm first son, so did it at Iitate-mura as a chief. Thinking about how to activate my village or company, it happened the Great East Japan Earthquake to us on the 11th of March, 2011. I act for the rebuilding of our lives as a general clerk of a group, which is called, "Iitatesonminkyuusaimoushitatedan (a group to save people of Iitate village and denounce TEPCO for nuclear accident's damage.) and as a chairman of a group, which is called, "Kasukadarinokai (A group, 'Let's talk sincerely' )."