7年目の原発避難生活 (間章)~あの日のキオクの断片~ 酒井政秋


あの日とは

2011年3月11日 14時46分のこと。

東日本が大きく大きく揺れた。

この世の終わりかのように揺れた。

(中略 発災当初は会社にいたが、皆家族の無事を確認するために仕事どころでは無い揺れだったので解散して自宅に向かう)

カーラジオからは大津波警報と叫んでいる。

焦った。家へと向かう車を何度も止めて、メールを送る。

また、揺れた。

余震が次から次と来る。

不安の中、

真っ暗闇になった。

飯舘村は停電。

ろうそくの明かりで、

夕飯を食べた。

その日食べたサツマイモの天ぷらやジャガイモの天ぷらの味が忘れられない。

夕飯を食べたとき、‟生きてる”ことを実感した。

涙が出そうになった。

必死で堪えた。明日を生きるために。

夜になっても幾度となく突き上げるような大きな余震が止まらない。

そのたびにストーブを消した。

ラジオでは、

ジィーーーーー、

”「まるでここはゴーストタウンです。このような光景は見たこともありません。」”

とラジオの向こうからアナウンサーの声。

おそらく浜のほうはもっと大変なことになっているんだな。

不安と恐怖・想像で震える体をおさえるように、布団に包まる。

ウトウトすると、また地鳴りが聞こえ、

大地を揺さぶる。

そのうち、うっすらと明るくなった。

わたしは外に出た。

東の空が夜空を押し返すように静かに明るくなった。

その時、思った。

「明けない夜はないんだな。」と。

 

しかし、

そこからがまた地獄の日々だった…。

何もかも奪い、大地を汚したあの事故が起きたのだ。

あれから6年経とうとしている。

ミエナイものはまだ、あちらこちらに点在している。

だからこその問題も積み重なってゆく。

海を見たくなったわたしは車を走らせた。

そこに広がる海は太陽にキラキラと輝いていた。

海に向かって静かに祈った。

 

 

撮影:筆者 2017/03/05の海

撮影:筆者 2017/03/05の海

 


カテゴリー: メモ   タグ: , , , , , , , , , , , , ,   作成者: 酒井政秋   この投稿のパーマリンク
酒井政秋

酒井政秋 について

Sakai Masaaki / 1978/02/07生まれ、飯舘村で高校までを育ち東京に上京するも肌に合わず南相馬で婦人服製造業の主任を経験し、長男と言う事もあり飯舘村に戻り友人が経営する婦人服製造工場に勤めました。これから村とどう会社として個人としていくかを模索している最中、2011/3/11、東日本大震災が起こりました。夢は破れ、飯舘村での人生は砕かれました。現在、通信制大学在学中。原発被害糾弾 飯舘村民救済申立団事務局庶務 / Facebook / Website / Twitter / I was born at Iitate-mura in Soma-gun in Fukushima prefecture. I had lived there for 18 years and lived in Tokyo, but I didn't have the feeling for Tokyo's life in my body and then coming back to hometown, I had manufactured women’s clothing at Minamisoma-shi, however, I'm first son, so did it at Iitate-mura as a chief. Thinking about how to activate my village or company, it happened the Great East Japan Earthquake to us on the 11th of March, 2011. I act for the rebuilding of our lives as a general clerk of a group, which is called, "Iitatesonminkyuusaimoushitatedan (a group to save people of Iitate village and denounce TEPCO for nuclear accident's damage.) and as a chairman of a group, which is called, "Kasukadarinokai (A group, 'Let's talk sincerely' )."