ごあいさつ 津田枝里子


この度有り難い御縁とお声掛けを頂き、ライターとして参加させて頂くこととなりました津田枝里子です。

吉田編集長の意向も頂きましたので先ず大切な事を1つ。
「つだえりこ」ではありません。
「つたえりこ」と申します。
そう、濁点がありません。濁りが無い。ここ重要。
さらに漢字変換してみて下さい。「伝えり(る)子」です。
特別意味を持たない名前でしたが、福島第一原発事故以降意味を持ってしまう事に。
福島の人々の現状を伝えたい。そして自分自身の意思を伝えたい。
そんな気持ちから私の行動は始まったのです。

「脱原発と書いた瓢箪を提げ歩く」

当時の福島でも脱原発の意志を持つ人、持たぬ人様々でした。なので自分はこうである、ということを示したかった。

そんな伝える活動はいつしか県民の意思を知る活動ともなります。

原発は健康被害は勿論、町も、人も 、心もバラバラにします。まるで核分裂エネルギーが私たちをも分裂させているかのように。

必ずしも皆が脱原発と思っていない、むしろ関心すらない。福島県民が眠っている。そんな現実が突き刺さってきたのです。プラカード持ってメガホン、なんかも考えましたが、私一人がそれで変える力はない。福島の目覚めはいつなんだろう?

この5年間の前半はそのようにあがき、後半は、私にそもそもそんな声を上げる資格があるのだろうかと悩みました。

そして遂に瓢箪の看板を下ろそうと決意したその時、吉田さんに出会ったのです。

○○さんが「いいね!」しました。

FBフレンドを通して、吉田さんの投稿を何度か、いえ、何度も拝見しました。当時私は集団的自衛権、憲法改正(悪)、米軍基地、TPP、マイナンバーetc.etc…と原発政策以外にも反対を訴えていました。(反対の宝庫、レジスタンス部隊、エロテロリスト等と呼ばれたり呼ばれなかったり…)

相変わらず危機感が薄い世の中にもかかわらず、そこには私が求めていた答え、見識があったのです。この時の衝撃はまさに筆舌に尽くし難し。

気がついた時には友達リクエストさせて頂いてました。

その繋がりから、米田さん、酒井さんの投稿も拝見し、このWeltgeist Fukushimaの存在を知りました。

出会いを与えて下さった神様に心から感謝致します。

分裂を融合に変えるため、伝え続けたい。無為自然の意思を伝えたい。諦めかけたあの時、希望を甦えらせて下さった皆さん、本当に有難うございます。そしてこれから宜しくお願い致します。

 

 

 


カテゴリー: エッセイ   作成者: 津田枝里子 パーマリンク
津田枝里子

津田枝里子 について

1980.9.6福島県福島市出身/現在は夫の実家である二本松市在住。子供四人の母、又、福島市の産婦人科にて清掃のアルバイト。哲学、風水学等が特に好きで、それが高じ神社仏閣廻り、古事記の研究等に没頭。 3.11以後、福島に住む者としての使命感を勝手に抱き、手元にあった瓢箪型の木製飾りに油性マジックで「脱原発」と書き、ぶら下げて歩くことで自分の意志を表明するという試みを開始。県内外で脱原発の必要性をあくまで一般の主婦という立場で訴え続ける。好きな言葉は「金剛不壊」▼もと東北電力幹部鈴木清一らによる冊子「座・鬼生田 OH!NEWだ!」に吉田邦吉とともに寄稿。NPO法人原発事故災害者復興タウン鬼生田開発プロジェクト。