熱狂・正義・依存のSNSはキナ臭い。吉田邦吉

自分の見えているフィードやタイムラインとは違うような、政治的なSNSポストを検索し、眺めてみたことがあるだろうか。けっこうな回数と年月でおこなってきたわたしは、考えさせられ、若干心配にすらなっている。

ある論点において、ライク数や支持者数などの多い少ないによって、意見の採用を決して行くとしたら、それは、動員数の多い意見勢力が勝つだろう。そういうのは人気取り主義だから、おおきく判断を誤ることがある。最近のSNSを見ていて心配だと思うのは、ライク数を多く受け取っている人ほど相手側の意見に共感や考察などを寄せることが少なくなっているように見受けられる場合だ。その意見や表現に反発を覚える相手側に何の思いやりもない。いわゆる「やっちまえ」的な動きの過剰な世界にはなんらかのきな臭いものを感じずにはおれない。

そういう「不寛容なこと」は多々起きていて、そのたびにSNSでは「リツイート合戦」とか「ライク合戦」が起きている。「ライク数の多さイコール正しいという誤解」も作りやすそうだ。とにかく、そういう風に数値を競争しがちな世界なので直接的な政治系は炎上しやすいのだろう。そういう対立構造のことは炎上とともに、あたかも人気取りで是非などの判断をするかのように見える。そんなことでは、いつかこの国が全体主義におちいってしまったとき、「多数ライクだから正しい」ということになる。本当にそれで良いのだろうか。閲覧数やライク数は正しさとは全く違う。

正しさとは、たとえば対立構造においては、双方に持っていることがある。そのような性質のものだから、それについて学んで学んで、考えに考えて、それでも間違っているかもしれない、自分は本当にいかに多くのことを知らないのか、ということを知るためにあるような、ある種の、考え方の方向性を指示してくれるかもしれないが、過ちも大きくするような、そういう、熱狂すると危ないような、魔法の軍配みたいな面がある。うまく使わないとケガをするものではなかろうか。いや、使うという考え自体を考え直すべきかもしれない。まずは、正義の多様な姿を知ることがきっと役に立つだろう。

一方通行で熱狂すると危ないのが正義なのに、なんらかの正義を考えるような話のことに関連して熱狂的なライクなどを指標の一つにしたら一体どうなるのだろう。ライクやリツイートは人に依存性を持たせるからSNSを人は続けるようになるという話をどこかで聞いたことがある。SNSというのは肯定感で出来ているため、否定されたり反論されたり考えたりということが、けっこう苦手になるような傾向の場所なのかもしれない。むろん、それはそれできっと長所が多々あるだろう。何らかのチャンスがある場所だとも言える。ただし物事は一長一短だ。いつか、権力を批判すること自体が排除され嫌悪される社会になるかもしれない。

そうしてSNSを見ていると、不寛容さがとにかく目立つような気がして心配になるのである。つまり分断だが、なんらの思考も思いやりもないというか、むろん感情的でもいいのだが、もはや激しく短気で直情的で被害者意識ばかりと言ったほうが的確かもしれないような表現の頻発と、そういう種類の表現が多数のライク的な支持を得て競争しているのを見ると、「どっちもどっちでやってるんだな」とか「洗脳ゲームだな」というように場合により見える。すると、その時ちょうど数の多い人達が勝って正しいかのような見た目になる。たった一人の個人を尊重することを、忘れたくない。

わたしたちのウェブマガジンではあるときからライクやシェアなどの「数の表示」を外した。それで意見を自分側に扇動するようになったら文としてよろしくないという思いからでもある。本は、1冊しか発行されていない本ですら素晴らしいものは素晴らしいのであって、1000冊でているからすばらしいという物では全くないと思う。むろんその際にはその際のそれについての別種の特徴や価値などの話はあり得るのだが。とにかく今ここで大切なことは、わたしが思うにだが、自分とは考えの違う人達をどう思いやれるかもあるのではないだろうか。

ゆるふわ当事者不可侵の原則 吉田邦吉

この8年間が経過して思うに、当事者同士ウェブ上での衝突などというのを私個人はあまり見かけなくなった。リアルではもともと見たことすら無い。わたし自身はどうだろう。振り返ってみる。

2011年の冬から2012年の半年間、わたしは仮設住宅に居た。集会所もあれば喫煙所もあって人々の憩いの場になっていた。それはいろいろな意見を聞いてきたものだった。なかでも驚いたものは「原発が稼働してくれれば助かる」という意見であった。この時それのせいである意味わたしたちは吹き飛ばされてここでの暮らしに耐えているのに、そこで高齢のかたから聞く原発再稼働論は衝撃的であった。むろんこの人にとってみれば暮らし回復の話はそれなのである。そのときわたしは口を挟まず、ただ聞いて話を終えた。今でもこのことをわたしは忘れられないでいる。原発銀座の特殊性かもしれない特有の体験をしたと思う。

むろんというか、他で聞こえてくる意見はたいていが暮らしというか尊厳の回復系の話であった。除染をしっかりしてほしい、風評被害を回復してほしい、精神賠償の件など、いわば通常の、素人のわたしでもよく分かる主張である。自分が、原発避難者の権利を勝ち取ろうと思って2012年のあるときは署名集めなど現実に活動したこともあるだろう。それで真夏の暑い時に集めた。ほとんど98%ぐらいの人達がしてくれた。大熊の署名を多数わたしは所持しているがわたし個人は使わないまま終わったのだと思っている。その重みは一言にできないので、ただその重みをまず忘れないようにしていたい。

その時期にまた、衝撃的な意見が聞こえてくるのである。あたかも人々が放射線被ばくでどんどん病気になっているかのような話もあった。もう毎日が非常に体調不良であり云々だという。実際「原発事故のせい」という抽象総合的なレベルの話までわたしは認める可能性を持つが「放射線のせいかどうか」についてそのときは分からなかったので保留した。むろん、いまも分からない。当時の人達を診察したわけでも専門医でもないわたしという人間がどう分かるのだろう。つまりその断言を聞くだけにとどめ、反論などしなかった。そもそもどんな状況でも大人の日本的な話はそんなに衝突や議論を良しとしないTPOがあることを人々が弁えられることもあるだろう。その場に居ただれも反論してなかった。

しかしSNSでは2014~5年ごろ、相当数で衝突があったと思う。いわゆる鼻血事件のときである。それもわたしは、どちら側の意見にも与しようとして、結局、夜に飲んで居たこともあったりするから、どちらとも衝突したこともあって苦労した。それで融和穏健論のようなことを当時ふくしま会議のメディアにて発表したこともあった。過激派が云々で大学に注意看板が出る頃の前後などだったと思う。どうしようもない見えない分断が福島を覆っているような気がした。それは今ただ潜伏して忘却しただけで、そんなに変わってないような気もしないではない(しかし時が癒すというのは本当だとも感じられる)。

では、それまではどうだっただろう。2014年よりも前だ。この頃は、2013年だから、わたしはふくしま会議で文を書いてインタビューを少ししたり、物書きの始まりの年だったこともあり、かなり穏健路線を地で進み、それ以外の表現活動はしてなかったかもしれない。そもそも放射能の知識を学ぶこと自体に時間をとられるのが苦痛だったこともある。しかしおそらく、他所の場所SNSやリアルでは相当の衝突が2011~2012にもあっただろうと想像する。

つまり原発避難者は自己の権利回復に忙しく、ウェブ上の争いをわたしは知らない。ただ上記で書いたことのような、あっちとこっちと真逆だなとう話は、多々あった。そういう真逆の話が多々あったが、べつにリアルでは衝突していなかったのである。すべてが「ああ、そう」であった。なにせ自分の目で見れない立証もしづらい難しい論点と思われるとき、「素人がウソもホントもない」ではないか。だから、「そうなんだ」と、肯定否定は関係なく、聞くしかないのである。そもそも国の採用した学術的見解は国が政策化して実行したときに責任をもってくれると思うが、他の見解には誰の責任もない。

そういうような基本的な教養もありつつ、ある意味この、「否定も肯定もせず、ただ聞く」という行為は、いま思えば相当に正しかったのだと思うようになっている。2013年ごろ、わたしがライターになろうと考えて物書き練習していたころ、ライターの先達があれこれと教えてくれたに等しい風に自分は思っている。まず人の話を聞くことが大切だと教わった。それでジャーナリズムのことを勉強した。そうして、当事者とは何か。当事者について考えるようになった。

また同時期に、民俗学という学問の存在を知った。ふくしま会議の代表である赤坂さんとの出会いで知るようになる。民俗学というジャンルには「聞き書き」という手法があって、それはインタビューやジャーナリズムとは別次元のことであり、その次元において相当に濃度の高い密な営みがある。今ここでそれを詳しく論じないが、ただ言えるのは、ジャーナリズムも聞き書きも、どちらも口を挟むという意味でのことをしないのが原則だということは言えるとわたしは思っている。

むろん原則には例外があるのだが、その例外がどのような条件などのもとに成立しえるかは、このウェブマガジンで最近既に書いたと思う。信頼関係などのことである。そうしてわたしはここに記しておきたいのは、当事者は多様であり、それぞれの意見を横並びにしたら衝突することも多々あるのだから、もし衝突する意見を持っていると思われる人間関係を近くに複数持つ場合、どうすれば良いかということがある。目の前に居て隣同士でミーティングなどに居るなら違う意見だということを堂々と言えば反対者ですらその意見があることに尊重すると思う。

たほう、話者・登壇者などではなく、客席役つまり話を聞くほうとしては、ジャーナリズムや民俗学の原則を適用して、ただ聞けば良いのではないかということを提案したい(質疑応答があるかどうかは場のルールによるだろう)。それはSNSにも適用できる。聞くほうも専門家ではないので、当事者の話を即断などそうは簡単でない場合も多々ある。むろん公式見解に沿って非常に多数の人は仕事をして現実には暮らしている。そうでなければ福島県内に人はゼロ人になるだろう。現実は大多数が居る。ということは専門的なことを理解しているかしていないかは別として、最終的な取り返しのつかない深刻な場面ではないと判断してのことだろうという推定ぐらいしてもすべてが間違いではなかろう。そもそも通説ではない有力説が定説になるまでに一体どれぐらいの年月が必要だろう。

では、超・低線量被ばくに関して公式見解とは違うであろう自主的に県外へ避難したりした人達の行為や主張とくに放射線に関するものはどう考えるのかということが論点になる(※超・低線量と言える明確な数値とホットスポットと言える明確な数値と、どう設定すれば良いのか、今こででわたしには決めかねる)。なかには家庭を分断してしまうこともあるため、ときどき非常に難しい別の問題が山積みなことにだけは誰もが配慮すべきである。ただしそれらについては今ここに書ける量でないため書かない。そしてさらに、その放射能の問題を今ここで置いたとしても一つだけ言えるのは、「当時の人々のした必死の判断をだれがどう後から裁判できるのか」ということだ。当時の人々の放射能へのイメージは今と全然違うと思われる。そうなのであるから、一定期間を区切って政策が組み立てられるかもしれない。ただその時も、賛否両側から感情的に酷い言葉で煽られないような環境をもって、行政や当事者がもっと親密に話せる状況での協議に時間をかけるべきではないかとわたしは思っている。

以上のようなことが盛り上がるのに反比例して、なぜかホットスポットなどで特定避難勧奨地点の問題に悩んで居たり関心が高い人達のことは同じサイズで話題になったためしがあまりないように思われる。県内に居る人達はまったく苦しみがないわけではない。だれしも悩んできたはずだ。専門家ではないのに、仕事をしながら、専門外のことについて学び続けなければならない負担は非常に大きい(実際に、他県の人が放射線について県民よりも無関心傾向かもしれないとわたしは思う)。しかも避難していないのだから、居続けることでの精神的苦痛はあった/あると思う(避難者にも避難でのそれはあると思う)。そもそも県民の人達は悩みがないかと言えばそうではないのもあまり見られていない。

福島県に何らかの意味で関わっている人は、すべて当事者である。これらすべての当事者は多様な意見をもっている。それらが遠巻きには実質的にぶつかっていたとしても、実名を挙げているわけではないし差別を煽っているわけでもないのが基本だろうから、どの意見もその人がそう思っていることを一つの価値として尊重してほしい。都合よく政争利用でなく社会や政治の場に聞こえるようにしていくのがより効果的だと思われる(デモ会場などはまた違う場であるため違う原則になると思う)。専門家や行政などではない当事者が言うことは科学的に正解・不正解の件とは、ただちにそこまで関係がない。人権保護や福祉拡充などを言うその理由が科学的に1ミリ間違っているかどうかよりも方向性や趣旨が重要なのである。ひとの発する言葉をいちいち全て完璧かどうかを検討していたらどんな話題にも頷くことすら難しくなってしまうではないか。むろん人にあれこれをどうせよなどという理想など通じないことぐらいわたしも知っている。

それでも衝突してしまう場合にそれぞれの当事者たちがそこには閉口してしまうことは、もはやある程度は仕方がないのだろうと思う。むしろ、そこはなるべくその場で夜に議論などあまりしないほうがよく、沈黙して聞くのが理想的であり、聞き流すことも時に必要であり、互いにその意見的存在を許し合うことで、最初のなにか分断の溝が埋まったり分断の壁が溶けていったりするのではないだろうか。わたしは当事者性というものを多角的視点からの濃淡割合で考えているため、だれが非当事者だとは思ってない。直接の当事者というのは法的だったりなんだりで明確に居ると思うがその判定もまた簡単でもない。ただそれでも、もし、周囲の人間だと自分で自分を思う場合に、科学的正誤よりも、この「当事者不可侵の原則」を思い出して、どれについても科学的な正誤や賛否よりも、精神感情的または意見的にその人がそれを発したという事実をまず尊重してほしいのである。それが多様性ある社会ではないだろうか。

よって、不寛容すぎて同調圧力などが強い最近のウェブ社会には心配になる。すぐ「どちらか」という色メガネで人を見るような反応ばかりになることは、政争利用と同調圧力の社会に傾いていることを意味している。それは全体主義や排外主義につながって危険だと思う。つねに逆側を排除し、自らの正義に固執しすぎて、多様性がないのだ。そもそも当事者たちは自らの人生を歩いている。それはひとつひとつが、そのことに関する歴史だ。であるからして、周囲だという認識または違う種類の当事者だと思う場合にも、同じようにその、周囲の歴史になっていく。振り返ってみれば、あんなこともあった、そんなこともあった、そうして一人一人、人生を終えていく。騒いだな、悲しんだな、争ったな、笑ったな、ありとあらゆることが、なんだかんだと終わりへ向かっているのである。だからあまり現世的に成りすぎる必要はないのではないか。そう思うこともある。

いずれにせよ、私の今回の一連の文章は人の意見を聞くレッスン、他者を尊重しようという私自身の知的体力を鍛えるレッスンである。そのうえで、わたしは、放射線などの論点についてあれこれ考え方があるのを自分はこう学びました、それで自分はこう思います、ということを書いているに過ぎない。ゆえ、わたしの意見とは違う意見があることをわたしは知っている。わたしは今「わたしの意見」と書いているが正確には環境省が採用した意見をわたしの意見の中に含めているとここでわたしは言っても、いる、そうわたしは考えている。それは政策化されて人々に影響を与えていて、もし損害が発生したら、環境省が責任を持つからだ。そうして、自己内部で、他の意見とすりあわせ、自己対話して文を書いている。よって、具体的なだれかの存在を否定などしているのではない。人々の多様な意見があるという事実を尊重し、個人の尊厳を考え、そうして、いろんな意見を自分のなかで多角的な解釈などをしようとしている。

そうして、ゆっくり、小文字で考えていく。そういう方向性を持つ話が、わたしの考えるところの、当事者不可侵の原則である(だから前に述べたことを繰り返すのを恐れずに念のため断っておくが、当事者傲慢を是とすることでは全くない)。もしどなたかが、この広大なウェブという大海に漂うこの手紙を受け取って、さらに分析したり発展させたりしていってくれたら幸いである。ああ、いろいろあった。終わりではない。はじまりだ。しかしとにかく、みんながんばった、おつかれだ、癒されたいよ、すこしぐらい福島は癒されたいよ、どうにかそういう方向性を考えていきたいな、それを言いたいのだが、それだけを今このウェブマガジンで3行で書いても伝わりにくいだろう。後の時代にいろいろと分解してゆるくふわふわに再構築しなおして、柔軟性のもちえる小文字の出番だと思って、したためる。