分断と穏健の考察 吉田邦吉

このマガジンをお読みの人達には言う必要もないぐらいの2語がある。「風評被害」と「風化防止」である。それらは、「復旧」と「復興」に重ね合わせのような概念でもある。これらについての対立構造をまず考察したい。

なぜなら、風評被害がなくなって前のように通常営業できていることを「復旧」だと言えるだろう。そして、前よりも多様に栄えていけば「復興」だと言えるからだ。たとえあらゆる被害がありっぱなしでも「多様な繁栄」は側面から大回復し得る可能性もあるにはある。※繁栄の定義は今ここで考えない。

ストレートな方向性の図 作 吉田

しかし人は話せば話すほど言葉にミスが出てくる。このミスのなかにはいわゆる失言にも取れてしまうような難しさのあるものもある。これらのほうが数としての主な「風評」に実は入るのではないかと思う。それはむろん「実害」に転化していく。簡単に言うと「風評被害と汚染」は「どちらも実害」である。

しかし、福島が全く忘れられないようにするために、風評を恐れすぎて何のアピールもしないと、今度は福島が忘れられてしまうという危うさもあるのである。関心が高くなれば人が増やすあらゆる言葉や姿勢について発信者と受信者に食い違い(齟齬・そご)が出るのは人間自然だから、避けようがないのだろうか。

ある意味では社会を恨むかのような類の悪意のあるネット政治行動があり続けるうちはそういう人達には忘れられたほうがいっそ良いという意見があるのも頷けることではあるが、今ここでは、社会通念上一般的だと筆者が思える範囲内のことを考察し、そういう対立点があり得るという指摘だけをして理解に留める。

下の図のように、風評被害が上がれば風化防止にもなってはいくのだが、風評被害それ自体が被害でもあるため、今度は「被害が風化しない」つまり「実害が続く」という二次災害に陥ってしまうのである。

この「デッドロック福島」(行き詰まり福島)とも思える状態をどう回避して回復へ向かわせていくかは、むろん、誤解をほどいていく作業であろう。ただしそれは闘争スタイルのもとには無いほうが聞くほうも聞き入れやすいと思う。押し付け安全も押し付け危険も、どちらも宜しくない。

以下は普遍的な図だろう。それほどこの問題は困難な状況でもあるのだろう。なぜ無言になるかと言えば、激しい対立というのは、たとえば、恐ろしい言葉の飛び交うところだ。そこにたれがリスクをもって言葉をなんのために発するのだろう。とりあえず忘れてしまうほうが自己生活の効果が上がって生きやすい。

ここで無理解にも行儀作法を押し付けるつまり英語でトーンポリシングを激しい主張法の人に強要したいのではない。あくまで私は落ち着いて話をしたほうが伝わるときがあるのに長年機会を逃してきたのではないかという話をしているにすぎない。表現の不自由性ではなく表現の柔軟性である。乗るか乗らないか読み手に任せる。

そこに対して「無関心になるといつか自分が被害」云々と言われても何ともどうしたら良いのか判然としない状況に居るひとの人口のほうが大多数ではないだろうか。情報社会だが、情報格差社会でもある。同じネットの場だけではなく、多様な場所で、わかりやすく説いていくことが非常に重要だと思われる。

よって下図のように、最初のエンジンを取り換えてしまえば通常営業へ繋がっていきやすく、人々の意識が回復へ向かいやすいのだろうと思われる。国の抱える問題は少ないほうが国の明るさは増して政治も安定し経済や福祉が増進するため、お金をかけてでも物事は解決していくほうが良い。

ここで私は沖縄に旅をして思ったことと比較して考えてみたい。

沖縄は基地による危険性があったり実害があったりすると思われるが、たほうで、観光や産業の活性化による復旧復興性がおそらく数十年と続いてきたのかもしれないと私は想像した。わずかでも危険という負の印象ではないどころか、人々が憧れる沖縄となった。両立しているのである。

(※ただし福島の場合には食べ物という繊細さがついて回っていることはある。ひとつのブランドを生産者たちが爪に火を灯すようにつくっているとなりで、一次産業ではない人々が「子どもが云々」を叫びながら、生産者の暮らしつまり子どもたちのことは考えてないかのようにもなることは、それは緩やかな、善意による存在の否定だとも思えるから、だから分断が深まる。)

話を戻して、このような両立性を学んで思うに、そこについてお互いに配慮しているのだろうと思われるに至った。お互いのことを(おそらく)対立的に考えていないのである。できる範囲でそれぞれが応援しあっているのではないだろうか。それはきっと、大事な心構えなのかもしれない。

また、福島に関して、国のやってることや科学的権威が信じられなくなったから、常になにかを隠しているのではないかという猜疑心に囚われてしまったという人々も全国に点在しているかもしれない。安全だと言われ続けてきて安全ではなかったからだ。無理もない。権力のことを点検するのも民主主義の役割だ。

それでは、自分で計測して高低を比較して明確な計測器まで信じないで済ませられるか?無理だ(これが高いのは本当でそれが低いのは嘘だと同じ計測器で言えるはずがない)。この8年でいよいよ、そのレベルのことを福島は発表していると言えるのだから福島のことをまず信じることを選ぶことができると私は思う。

そうであればこそ、「同じ疑いという意見の方向性をもつ市民集団」が「権力」の設置したモニタリングポストの維持を求めた、つまり「計測器を信頼した」のであり、自ら計測した放射能測定の「機械によるデータ」に信頼を置いているのだと思える。

一言で言えば、同じく「機械を信頼した」のである。ひとつを信頼したのではない。非常に多くの計測器モニタリングポストや非常に多くの食品検査機器を信頼しまくってきたのである。それは年月の蓄積とともにデータを信頼できるということに繋がる。

(※もし、それでもその機械の数値を信頼できないという場合、つまりガイガーカウンターの数値を信頼できないのだから、福島の汚染という客観的な実害データも存在しないのではないかという方向へ疑うことが必要になってくる。繰り返すが、同じ計測器なのに自分の都合よいほうだけ肯定では矛盾なのである。)

(そういう人は福島でなく自分の暮らす地域名で汚染周知の活動をしなければならないだろう。そうでなければ、正義の自己肯定感だけは自分のもので責任と被害は福島当事者たちに押し付けるということになってしまて不公平で不正義である。ジャーナリズムには良心が必要だと私は本で読んだから希望をもってそう書く。)

話を戻して、それでは、どうして思いやりよりも分断が深まってしまうか、だ。

どうして発信者と受信者の双方において、一部ではショッキングで陳腐なアイキャッチに目を奪われるような、いわば炎上現象が増えてしまうようになったのか。おそらく、じっくり教養を育てることをやめてしまったか、もしくは、共通理解の構築という共有行動への努力を怠って焦るようになってきたからではないだろうか。

SNSでも政治的な意見を続けている人々の発言のなかで段々と夜な夜な「言葉」が「悪態」に代わっていく現象をたびたび目撃するようになった。大衆という、ある種の権力に対して苛立ちが増えるようになってくるのである。なぜ何もせず投票にもいかず自分で苦しくなっていくんだといういらだちであろう。

情報技術が発達して我々の時間は、たとえばメールの送信時間だって飛躍的に速くなった。手紙や封筒を出しにいってという手間の時間がなくなった。そのため、できることが増えたはずなのに、どうしてなのか逆転したような、「時間のない状態」に陥っているのではないだろうか。

すなわち、「速くなった」ら「忙しくなった」のである。ある村が便利になったら人が都会に憧れを強くもつようになって誰もいなくなったということと似ているではないだろうか。教育を人々全員が受けられるようになっているのに教養や情報量には格差が大きいと言われる。人間の方向性というのはときどき逆方向の結果を出す。

たとえば、関心を増やすと民主主義的に解決しやすい方向性だけでなく、今度はデモクラシーの語源にさかのぼる話になる。すなわち、民衆がデマゴギーに振り回されて大混乱に落ちていって解決しないゆえ、民衆は自ら、その解決から主導権から全てを独裁者に与えてしまって、民主主義は自ら終わる時がある、そんなことに似ている。簡単に言えば「みんなで決めよう!いやもう面倒くさい!みんなで決めるのをみんなやーめた!」。

先ほどの話で言えば、激しくなって混乱していきすぎると、見た目のライク数とは違って実際には人が遠のいていき、人々は国政選挙において独裁的な傾向をもつ政党に一票を入れてしまって丸投げするときがあるというような場合だ(むろん独裁的な政党には全く入れなくなるという逆の現象もあり得るが)。

そういうことを念頭におけば人は簡単お手軽になにかライク数やRT数などだけで満足ということには繋がりにくいのではないかとも思えるのだ。巨大な数値というのは反感も大なるものである。しかし人間の脳というのはみずからが社会から認められているという肯定感を好むのでそうは問屋が卸さないだろうと思われるが。

おもいやる多様な歩き方

(※同じ方向性ではなくてあらゆる方向性からなるべくぶつからないような共存共栄状態での復旧復興はあり得るだろうということを言いたい。そんなに対立と衝突が価値あるショウビズになり続けると個人的にはあまり思えない。人間関係や人の時間的な資源などを消費しつくしてしまいタブー化して閉ざされていくからだ。開かれる穏健なほうが好ましいと思われる。)

以上すべてをもう一度さておいて、結局「現実は現実だよ」(分断は止まらないだろう)という意見もよくわかる。今の世界を視てみれば、たしかに、頭脳明晰で力ある人達でさえも解決へは至難の業なのだなと思うほかない状況だ。だがだからと言って諦めても仕方がないので正面突破の方向を考えるだけは考えておいた次第の草案でした。お読みいただきありがとうございます。