こっちさこ!そろそろ福島産を自由にしてはどうか。吉田邦吉

私は若松だけでなく平にも居る時がある。
11日は、月命日だ。福島を思う。

福島県沖でとれる海産物の状況について知識がない業者が多そうなことは非常に問題だと、この記事「福島県海産物を避ける人 流通業者が多く見積もりの可能性」(NHK 20190510)を読んで、私は思った。簡単に言えば、消費者のもとに届く前に業者のほうが心配してしまっているから流通に壁があるのかもしれない、ということだ。

以下の2つの引用から明らかなことは、業者は業務で多忙だから、検査について学習する時間がとれていないのではないか、ということである。時は金なりを知らないビジネスマンなど居ないから、当たり前の結果かもしれない。

『福島県内のほか東京・大阪・名古屋・仙台の水産関係の流通業者871社にアンケートを行い、全体の20%にあたる178社から回答を得ました。』(引用 同記事)つまり、80%が答えなかった。これはどういうことなのだろう。残念。ここにこそ力を入れる必要がありそうだ。

『福島県が海産物の放射性物質の検査を行っていることを知っているか尋ねたところ、県内の会社の93%が「知っている」と回答した一方、県外の会社では「知っている」が28%、「聞いたことはあるが詳しくは知らない」が44%、「知らない」が21%でした。』(引用 同記事)つまり、なんと20%の業者のうち半数以上は検査の詳細をあまり知らないのである。答えなかった業者80%はどうだったのだろう。

また、それなりの数の業者は『放射性物質の影響を懸念している』ともある。ということは、もしも懸念しているのであれば、検査の状況をスタディツアーできて同時に意見集約も図れるような仕組みを行政が作れるという意味で、双方は未来に向けた仕事が出来る余地があるのだろう。

私は前から提案しているが、不安な人ほど行政が主催するような検査に関するスタディツアーに参加すべきであるということだ。検査機械や現実について学び、他国と比較し、それでもまだ不安だから取引しないまたは食べないことにしたという選択をだれも責めない。水も空気も、繋がっているのだが。

重要なのは「懸念があるから、迷っている」という人達(Xグループと名付ける)なのであり、「懸念があるから、将来も絶対に食べることはない」という人達(Zグループとする)ではない、つまり食べないという選択を最初から決定していて変える気が一切ないというZグループは一定数いるはずである。

最初から決定しているZグループの人達は、そういう種類の福島的活動の一切にも関わることが余り見込めない。ない上に、もしも福島について福島の人達が嫌がることだけはしたいというのがあれば、それは傲慢だと私は思う。できるだけ福島の人達が嬉しいことや関りを持ちながら、福島の人達と一緒に悩んで考えていくことが大切だ。

むろん、食べないという選択をした人たちや間違えた情報を流しただけの人達を意図的に吊し上げることも問題だ。であればこそ、食べないという選択をした人たちは自分たちも穏健な手法でそういう種類の活動はおこなうべきである。社会では意見が多様だ。その共存には、お互いの配慮が必要なのである。そうしないと互いに乖離したり険悪になったりする。

わたしは測定をすること自体、とくだん何も思わない。福島県農家はいつも測定に苦労している。問題は測定行為の後に多いのだ。生産者でない一般の人がした測定をこれみよがしに過剰誇大に広告して人々へ見せびらかすだけ見せびらかしてそれのみが福島の真実だと騙り、よって福島を苦しめ、なおかつ、福島の人々の一所懸命さを観ようともしない無視イジメを続ける、そういう傲慢さが嫌いなのである。

逆に、安全を押し付けるような傾向の人達にも、実はあまり共感していない。ましてや脱原発の動きと意図的に衝突するような人達をこの話題の中心にすべきではない。その衝突が福島の内外を多重錯綜して苦しめ、分断を作り出していることは言うに及ばない。話がややこしくなってしまう。エネルギー政策について福島県では脱原発に決定済みであり、とにかく、分別をつけるべきだ。福島に関する産品の状況と原発政策の是非は、話を分けるべきである。脱原発なら食べないとか逆も然りのレッテル貼りポジショントークな傾向にしてはならない。

話を戻すが、「知らなくて懸念があるから、迷っている」というXグループの人達との交流をどれだけ持てるかのほうが重要である。世界というのは70億人もいて非常に広いのであって、そもそもビジネスというのは、自由意思のもと、選択する・される、という関係性があるから良いのである。つまり無理強いなど誰もしていないというか不可能だ。

そろそろだろう。もう、いい加減、そろそろ、福島を自由にしてはどうか。会津に居て、10年という時間は、非常に短いものだというのはよくわかる。戊辰戦争は150年前だからだ。いずれにせよ、外野の無責任者がなんと言おうと、福島県民たちは生きていっている。他方、子育て中だから子どもにどうしたらとか女性だからなどの関係で、不安でたまらない人達の不安をあざ笑うようなことも嫌いだ。そういうことを少しは思いやれる人だけに発言して頂きたい。

この随筆たったの1本を書いて、ウェブマガジンに出すかどうかすら、正直、今は迷う。放射線は危険なものであるという大前提から私は抜けるつもりは無い。と同時に、人災として新たに発生した放射線と、至る所に天然にある放射線と、どちらも同じく放射線だというのも、理解できる。つまりは、いつでも被ばく自体は結構しているということなのだろう。

そこから、人災につき政府東電が責任を持つべきだという意見も変わっていない。そのうえで、私たちは経済的な生産活動をおこなうにあたって、無理のない限りで穏健なことをしていきたいということだ。

最近、古語を学んで思うことがある。来なさい、という言葉の古い言い方は「来(こ)」であるそうだ。私の町では、「こっちさ来(こ)!」とは、非常によく使う。「さ」は方角だったかと思う。もっと粘り強く言いたいときは「こっちさこおよ!」である(※「来よ」という古い言い方もある)。

福島に無理して来いとは言わないが、ネットだけで判断せず、福島に来るイコール思いやりの輪の中に入ると言っても過言でない。だからその意味で、「こっちさこ!」と、ずっと受け継がれてきた古(いにしへ)の声で私は誘(いざな)い続けたい。

20170711 いわきの海 撮影 筆者