いごく「ふくしま/フクシマ」 吉田邦吉

また少しの間だけ出しておこう。

いわき市が「いごく(igoku)」というメディアを始めていて、小松さんが参加して編集している。地域包括ケアは旗振り役が必要なので良い取り組みだ。それなのに全く関心が増えず、「デマの件で争う」のほうがTwitterではぐんと上がる。

食のテーマについても安全論は伸びない。それには理由があると私は思う。ただ、私で言えば実害論しかアクセス数が伸びないのとそれは同じ構造である。SNSユーザーは争いや闘いに飢えている。議論と争いは異なるが。NPO法人や地域の活動などを無視している。

だが私は考えの違う人達を押しつぶしたいと思わない。放射能御用はそうでないから困る。悪い。だが、8年目の今それだからといって私がまた刀を抜いたら、無用に傷つく人を増やすだけだから鞘に入れた。

争いを好むことはリアルと乖離し過ぎていることにネットが気づいていない。リアルでは逆だ。争いが好まれず生産的が好まれる。ここらにネットとリアルの溝すなわち政治と社会の溝がある。

私と小松さんの放射能についての考えは合うかどうかわからない。
たぶん、どこかがあわない気がするし合う面もある。

しかしいずれにせよ、争いよりも福祉に取り組む人を私は立派だと思う。地域にこだわる。そこが良いと思う。少なくとも放射能の議論で盛り上がるのはTwitterだけだ。政治の争いだけだ。

政治に社会は関心がない。いっさい怒ってはならないとかそういうことを言っていない。人間の自然な感情を誰も否定しない。ただ単に、なるべくなら争いに人は参加したくないだろうと私は思う。

政党だの政治家だの。
大事なのは政策論とその結果と未来だ。

ある人は言った。「自分たちは籠のなかの鳥だ(≒鳴いている=泣いているしかない)」と。それは一理ある。だが別の側面から見て、被災者とか被害者とかそういう枠だけで捉えられたいと私は思わない。

あくまで被災は自分を形成する一つの部分的な経験に過ぎない。論理関係が逆なのである。地方や地域を下に観ないでもらいたい。私達は同じ人だ。争いに利用されるための被災ではない。事実は事実として見てもらいたい。

以前わたしは「不幸を政治利用するな」に反対した。それは今も変わってない。人の不幸を放置しすぎて酷いものになっているのに何もしない政治は批判されてしかるべきだからだ。

しかし「人の不幸を政権を倒すためのネタとしか考えない」のと「人の不幸に共感を寄せ、何もしない政府に、結果的に腹を立てる」のとは、だいぶ違う。普段の行動が違うから、わかる。

常に牧歌的であれとは言わない。無理だ。
常に争いであれというのも無理をしていないか。
どうしても闘いたかったら自分と闘おう。

よって争い、そんなことに焚き付けられるしか能がない福島だなんて私は絶対に思われたくない。私達はもっと優れている。私達の暮らしを見てもらいたい。私達は争わせられるだけの植民地などでは決してない。

個性ある人の暮らしがある。

磐城の山々 吉田邦吉

 ああ、こんなにいわきの山々って美しかったんだ。

 山国会津で培われた観察眼に違いない。春4月初旬、温かく、いつものように明るい陽射しが照らしていた。今年は双葉郡の桜も会津の桜もみな一度に咲いたぐらいだった。三春はすごいことになっているに違いない。どことなく春ぼけしたまま車に乗る。平のロッコク(国道6号線)辺りで桜が咲いていたのを眺めた。差塩(さいそ)辺りだとたびたび思うが。ふわふわもこもこと雑木が色とりどりになりつつあった。黄土色から茶色、緑の木々に、薄桃色、濃い桃色、白色、黄色の花々そして椿が咲いていて、会津では少ない竹が浜通りには生い茂っていて、家々が犇(ひし)めき合っていた。避難の友人たちともときどき話すが今回はいわき市で90歳のお爺ちゃんとたまたま話した。あの辺に住んでる。ここから近い。ちょっと耳が遠いんだという合図をしていた。誰も何も言わずとも「うん、うん、うん」と、何度も小さく頷いていた。口数の少ないおじいちゃんの眼はとても優しく、この山々の春のようであった。昔々、磐城で私が観るモノは何だったか、少し考えていた。洋服、アクセサリー、小物、音楽、食べ物、海、……ふつうの暮らしがそこにあったことを思い出す。幼い頃はスケート場にも行ったことがあった。双葉郡の外で買い物と言ったら、南相馬または、磐城であった。稀に郡山、そして仙台または東京である。いわきの今は、どうなったのだろう。あの直後から昨年までと今年とでは、また違う風景になった気が最近している。磐城を出るころ、磐城は暴風警報だとラジオが伝えたのは、阿武隈高原あたりだったか。

 雪の縞が残る磐梯山は雲に届き、その上に繋がっているかのようだった。