ウェブ言論の冷戦構造的な枠組みから離脱する。吉田邦吉

 福島のネット世論に関して、今どのような状況が見えるだろう。

 1、押し付け安全
 2、押し付け危険

 こういったことが盛んなテーマになっていると思われる。それはいわば、太平洋戦争が終わってからの、「右と左」などに少なくとも70年間は縛られていることを意味し、その「政治的な枠組み」にはまらないと、まったく見られない現実が続く。無関心が増える原因でもあろう。

 沖縄で言えばこうなる。

 1、押し付け基地トピック
 2、押し付け観光トピック

 基地に関することだけ。そればかりしか見ていない本土の人々。逆に、観光しか見ていない本土の人々。どちらもこの1と2に該当する気がしている。しかし沖縄に約2か月アパートを借りて買い出しして自炊して思ったのは、基地のことと文化的なことと両方というか、多様だった。

 わたしは「悲しみを見続けよう」と言ってきたし今もそのスタンスは変わってないのは、公平でない状況があるからバランスをとるためだ。バランスがとれていれば、悲しみを見続けようとわざわざ言う必要がない。国政も似たようなものだ。なんでも偏り過ぎている。

 しかしネット世論が言う「福島の声」が1や2であれば、それはどちらも視点として間違いだ。事実としてイジメも助長してしまうだろう。そもそも悲しみを観ることは1でも2でもなく「人類としての共感文化、成熟」だとわたしは自分で思っている。

 永久に死ぬまでその対決コロシアムで汚い言葉を浴びせられ続ける傷だらけの軍鶏(しゃも)とか、好く言えばグラディエイターでは、実際のところ生活に支障をきたして困るだろう。そのように不毛な人間消費社会を「ウェブ社会の冷戦構造」と名付けたい。

 今年の始め、「スパルタカス(Spartacus – Starz)」というDVDを観ていた。震災前からスパルタカス自体は観ていた。そのシリーズ化がなされた新しいバージョンだ。闘技場で、足かせをつけられた奴隷として剣闘士をさせられていた彼らは大体このように言っていた。

 登場人物A「グラディエイターしか生きる道はない」
 登場人物B「勝って自由になるんだ」

 勝つと報奨金が出るため、奴隷の身分を自分で買うことができ、自由の身分になれるからだ。そもそも奴隷の身分になった原因は、太平洋戦争と同じく「敗戦」であった。その後、奴隷全体が自由になろうとして戦争を企て、闘えない者たちは逃げ惑わせられる。

 言論は対立構造によって新しいものを見出していく面があるから、福島や沖縄の対決構造は一種、不可避でもあったのだろうが、いつまでもそれが「隣人同士の争い」だと人の生命は持たない。「巨大な分断」も経験しつつ、気持ちとしてほとんどがBの「自由」へ進んでいった。

 言論と争いは違うもの。友達と遊んだり恋愛したり文化を愉むことのあいまに、脱原発など問題解決のプロセスがあっても良い。ぼくらは生きて、人生がある。だからこそ、もう一度「ヴェルトガイスト・フクシマの趣旨」を言いたい。

 すくなくとも次の者だ。

3、文化共有や個性の実現

 なぜかどこか「癒される」方向へ歩いていきたい。わたしたちには「名前」がある。被災者とか福島県民とかいう名前で生きていきたくはない。一人一人に個性がある。つまり、逆に、観る側の人達をもわたしたちは観ている。尊重し合える関係か、否か。

 いま、政治的な物言いしか見られない闘技場のような関係があれば断ち切って良い。一人一人が文化共有で癒され、競争社会ではない何かを築き上げていってこそ自らに打ち勝ち、政治的拘束から解き放たれ、「自由市民」たりえるのではなかろうか。そう信じていたい。

「コットンツアー2017.10 綿の収穫@二本松市」に参加して 高田 緑

今年も、コットンプロジェクト・福島(代表:渡邊真紀湖)主催の綿の収穫に参加してきた。
秋の行楽シーズンにしては東北自動車道が混んでいなかったのは、台風の影響だったのか、東への旅行者が減ってきたのかはわからないが、都心の景色から徐々に故郷の景色に代わるバスでの移動は心の準備もできる。
コットンプロジェクト・福島の代表、渡邊真紀湖さんの活動のコンセプトとは、「地元の農地で有機栽培された綿花を製品化することで、農業の六次産業化をめざし、都市と農村の地域交流を推進しながら、日本の農産物の自給率アップに貢献する」(「フクシマ発」現在書館より)。渡邊さんのそのスタンスでの活動は、一貫している。
震災直後の2011年春から、二本松市東和地区の有機農家さんに綿の種を育てていただき、プロジェクトはスタートした。2012年の春には、毎年代々木で開催されている東京アースデイにて、生産者さんと共に参加者に綿の種まきを体験していただくことからスタートする参加型の「コットンツアー」が始まり、今年で5年目となった。
今年の春の定植では真夏日のような陽気となり、参加者も苗も萎びれそう(方言:しおれるという意味)になったが、その小さな苗が秋には腰位の丈に生い茂り、コットンボールが弾けそうに生っていた。それでも今年は他の作物同様に天候不順の影響で不作らしい。
年々、参加者は減ってはいるが、少ないなりにノンビリと里山の綿畑で、宝探しのように弾けている綿花を収穫するときのコットンボールの触り心地は、一度体験すると病みつきになると毎回感じる。癒し効果があるのだ。実際は一気には実が弾けないので、雨に濡れないようにと毎日、生産者さんが“白い宝物”を見つけては収穫している。

綿の花

綿の花

弾けたコットンボール

弾けたコットンボール

東京から何回か参加している若き女子。かわいい~!

東京から何回か参加している若き!女子。かわいい~!ありがとう!

みんなで休憩。農家さんの笑顔がステキ!

みんなで休憩。農家さんの笑顔がステキ!(撮影:Mamiko Aoki)

”白い宝物”

”白い宝物”

二日目は、農家民宿ゆんたにてミニ座布団制作のワークショップに参加。講師の生産者である藤倉さんに手取り足取り教えていただき、笑いの中で参加者二人の教室となった。それにしてもオーガニックコットンの座布団とは、なんと贅沢なんだろう。

先生!よろしくお願いします!

先生!よろしくお願いします!

この形にするには何度も重ねる。

この形にするには何度も重ねる。

生地を選んで、ぎゅぎゅぎゅーっと綿を入れ、四方をしっかり詰め込む、糸で綿を引っ張るように縫い、真ん中でしっかり綿を止める。慣れるまでなかなか難しいのです。

生地を選んで、ぎゅぎゅぎゅーっと綿を入れ、四方をしっかり詰め込み、糸で綿を引っ張るように縫い、真ん中でしっかり綿を止める。慣れるまでなかなか難しいのです。

小さな種から綿製品になる工程や、綿花が農産物であることはまだまだ周知はされていない。忘れ去られようとしている。福島県では特に会津地方で盛んだったことさえも知らない人が大多数だ。

混沌としたこんな時代だからこそ、先人の知恵の継承が必要なのだろうと心底思う。福島県に限ったことではない。失ったものは取り戻せないが、人の精神の軸がぶれない限り、幸せな生き方を見つけられるはず。残された者は希望を捨ててはしまいたくはない。
故郷、福島県の2017年秋にそう思った。

茜さす浜街道に朧月 吉田邦吉

 七年目の霜月いつもながら少し肌寒い浜街道沿いの平を歩いていた。あれからあれがなんだったのかと考えさせられる想いを広々としてどこまでも青く透き通った空へ見上げ、何度でも送らせていただく。地震の爪痕が修復された古い塀に残り、わずかに記憶が染みだしている。

 青天に霹靂あれど何ら返事はなく、夏には新聞紙とちくわと糸で釣れるザリガニもいる疎水を抱く道に敷き詰められた砂利が、しまむら和ものつっかけに撫でられて転がる。コンビニの女性が笑顔で接客していた。セブンイレブンのレーズンサンドがうまい。テレビが言うに何もない世界が見えるウルルは登山禁止になる。

 所用を終え出先の自動ドアを抜けると日が沈んでいた。朧月が茜さす空に夕と闇を交歓していた下界では、渋滞のなかを縫うように歩くカップルの向かい側にてコリー犬とシベリアンハスキーが交じったような立派な白黒ワンコが小さな家のもっと小さな犬小屋の前。

 胸を張り留守番していると見えて運命を思った。