新しい暮らしの在り方を選ぶ優しい人達を私は知っています。吉田邦吉

 さいきん福島では涼しかったのです。本日は日差しがありますので、少し動くとじんわり汗が出てくる程度の室内気温30度湿度60%午後です。屋外では木々にミンミンゼミが鳴いています。ツクツクホウシはまだ先のようです。アブラゼミやクマゼミも聞こえるような聞こえないような。セミの鳴き声が聞こえると、カルピスで手作りの氷アイスが、サクサクと格別です。

 リアルだろうと成りすましは簡単です。インターネットでも相変わらず不毛な争いが続いていますね。福島が繰り返してきましたことに少々飽いています。やわらかなクサノネの一助になりますよう、お盆でもお墓参り簡単に行けない私からささやかな提案を、インターネットの片隅に置いておきましょう。こういうことは短文で伝えきれないので気乗りしません。ただ読み込むチカラのある誰とも知らぬ人へ。

 国策として原発をやめ、新しい暮らしを選ぼうとする優しい人達が流す涙の数々を私は知っています。やさしきママさんたちが心から家族を守りたくて流す涙を私は知っています。いろんなところに遊びたがる子供がいるので至るところ側溝まで放射線を計測する女性たち。日ごろから健康に良い食べ物を考える。料理とか洗濯とか、心がこもっていると丁寧なものになりますね。

 反原発フェスやデモに私は実際に参加したり見聞しました。大マグロックのある青森も、辺野古での抗議がある沖縄も、むろん福島各地も、東京での官邸前も、すごく優しい人達ばかりでした。かたい握手をしたりしました。たくさん笑いました。たくさん悲しみました。怒りもしました。(参考)そこでは、一期一会の、せつなさを共有しました。

 いっぽう、沖縄で、福島から来たとわかると「あなたは❰原爆❱に被災したから子供を作れないだろ」と、知り合うなり乱暴に言われたことがあります。しかし聞けばそのひとは横浜のひとで脱原発だと自分では言っていました。そのことについて5分だけ考えて見ませんか。わたしはしばらく考えました。その結果がこの文です。

 ごくまれに、どこか旅の途中では失礼なことを言われたりしますが、そのぐらいなんでしょう。それはその人の行為が悪いだけであって、脱原発という選択、あたらしい地球の在り方への思想や信条の話とは、関係がありません。その人だってたまたま間違えてしまったことでしょう。いつまでも責めたりしません。寛大なフクシマでありたいのです。

 わたしは廿代のころ、刑法学で学士論文を書きました。刑法は人の行為を見ます。つまり憲法上、思想や信条は自由なのに、思想や人種を非難するようになってしまうことは、人々が過去いくたの歴史において不幸を繰り返してきたことであり、残念に思います。もっとお互いに庶民同士マナーを持てる。ずっとジェントルであれる。夕暮れには鈴虫がオーケストラ。

 フクシマというパンドラの箱は開かれたのでしょうから、3・11を思い考えることを、文化として認め、フクシマ哲学ないし「311哲学」としませんか。いや、純粋に哲学でも結構です。とにかく最後その箱に残るのは、ホープでしょう。同じヒト、同じ生物です。くりかえされる無情の争いに加担するのをやめましょう。絶望を味わっているからこそ生まれる希望には優しさがあります。それが文化だと思います。

双葉町ドキュメンタリー「原発の町を追われて」を見る    伊藤 千惠

去る8月6日に開催されたドキュメンタリー映画「原発の町を追われて」を見た。
2012年に作られた1作目から、その後を追ったパート2、ある牛飼いの記録としてパート3と続けて見ると、原発事故のもたらしたものが避難という物理的困難さだけではなく、当事者である避難者を受け入れる側、あるい避難者ではない福島の人々の心境など、さまざまな方向に波及していることが見てとれる。
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、テキスト双葉町は2011年3月11日、東日本大震災による原発事故のさい、町ごと埼玉県に避難した。さいたま市在住の堀切さとみさんは、その当初から町民の方々と交流しずっと映画に撮り続けてきた。
最後の避難所としてマスコミにとりあげられ注目された騎西高校が閉鎖され、報道も少なくなった。いっときの流行ではなく、ずっと記録し続けてと町民の方から言われたそうだ。

今でも避難生活が続いているのは、双葉町も浪江町も大熊町も飯舘村も葛尾村も南相馬市も田村市も川俣町も広野町も楢葉町も富岡町も川内村も、すべての帰還困難区域にいる人たち、自主避難した人たちにとっても同じ。
映画では、双葉町民の受難がさまざまな立場から語られている。そこから発生する地域内での、あるいは県内での分断。是非の判断が簡単にはできない複雑にねじれた状況がある。
そこには、ひとりひとりのナマの物語がある。

福島第一原子力発電所から送電された電気を使ってきた東京都民の自分は、目を背けることはできない。
ひとりひとりの想いを聞いていきたいと思う。

愛しいフクシマを創造しよう 吉田邦吉

 ヴェルトガイスト・フクシマは正式には「WELTGEIST FUKUSHIMA」で登録されている刊行物です。ドイツ語なので、Wのところを英語のVとして発音します。読み仮名は、「ヴェルトガイスト・フクシマ」であります。

 しばしば取沙汰される「フクシマ」という言葉について思うことがあります。わたしは「フクシマ」という言葉を憎悪表現だとは思っていません。これだけ騒がれたフクシマは、得体の知れぬ放射能で汚されたという意味合いを持つと思われることから毛嫌いされたりしました。現に今もそう思う人達は居るようです。

 しかしそれは、ヨコハマと同じカタカナであり、わたしにとって愛しいフクシマであります。細やかで繊細な、ただの小さな個人の悲しみが、歴史が、思い出が、暮らしが、大自然が、動物が、そしてそれらが汚染されたり奪われたりした艱難辛苦(かんなんしんく)が、凝縮されています。大事なフクシマを自分で貶(おとし)める必要は無いと思います。

 ひとりひとりが自らのフクシマを創造しましょう。

 フクシマという文字は、疑いようもなく「福島」という音を備えています。それを「憎悪」だと切り捨てること、わたしには出来ないのです。誰か他人の決めるフクシマに従い、その音フクシマをも毛嫌いして満足なら、そのかたには何も申しません。嫌う自由はあります。しかしわたしは自分がその言葉を愛しいと思っている自由を、ここに認(したた)めます。

 詳しくは、現代書館より拙編の「フクシマ発」をご覧くだされば幸いです。
 昨今のデマ騒ぎも、2行で本質を書いてあります。