~ 震災の日から5年 ~  鈴木清一 (鬼生田開発プロジェクト 下巻)

平成23年3月11日の午後、この日も相変わらずの多忙極まる業務に追われながらも何事も無く一日が過ぎる筈だったが、その時は突然やってきた。

午後2時46分ズンズンズン・ドンドンドンと地の奥底からの体を揺さぶる様な地鳴りが聞こえたかと思う間もなく、ガガン・ゴゴン・ギシギシと3階建ての建物は悲鳴をあげ大きく揺れ動いた。咄嗟に皆がそれぞれの机の下に潜り込むが、机ごと体が建物の中を前後左右に移動し、各所で女性達の悲鳴が聞こえた。

このままでは建物が倒壊し我々の命も危ないぞ!数分後に地震は収まったが、その後何度も余震が襲ってきた。建物の柱は傾斜し、壁は剥がれ落ちて書類は辺り一面に散乱していた。皆茫然と立ち尽すばかり、一体何が起きたんだ。緊急用のテレビを点けると東日本大震災の広大な範囲に及ぶ被害状況を放映している。自宅や家族の携帯に何度電話しても繋がらない、皆無事なのか不安が募る。

何時までもこうしては居られない。広範囲に及ぶ停電の復旧に電力社員や地域の電気工事店社員が一昼夜寝ずの対応に当たる。

そうこうしている内に東京電力福島第一原子力発電所の1号炉・2号炉・3号炉でメルトダウンが発生し、水素爆発によりそれぞれの建屋が崩壊し大量の放射性物質が大気に大量に飛散した。「これでもう福島は終わりだ!」と思わず口に出しそうになったが、必死にこらえた。

この時咄嗟に思ったのは、40代の単身赴任時代(浪江・小高原子力準備本部)に家族同様に7年間お世話になった浪江町の人々の安否だ。

大津波の被害に逢い更に追い打ちをかける様に放射能汚染に見舞われ一家離散となり、避難先で体調を崩して亡くなられた方も多いと聞く。原発事故被災者の方々の為に私に何か出来る事は無いのか・・・・。

その思いは、年を追うごとに強くなり平成26年3月23日の鬼生田1区定期総会に於いて「原発事故災害者復興タウン鬼生田開発プロジェクト構想」を臨時決議案として提案し、参加者全員の賛同を得た。その場で一緒に中心となって活動する仲間も9名となり、現在は11名となっている。

その後、7月24日には鬼生田小学校の体育館に於いて、鬼生田1区~4区までの全地区住民を対象とした「原発事故災害者復興タウン鬼生田開発プロジェクト」の説明会を開催した。それからは、このプロジェクトの趣旨に賛同する住民の承諾書を得るために仲間と共に鬼生田の地域を奔走し、1区は全世帯から承諾を得て、現在は2区・3区・4区へと大きく広がっている。

その承諾を受けて福島県内各地に避難している原発事故被災者の方々との交流を何度も行い、27年7月7日には郡山市長へ西田町区長会会長と共に「原発事故災害者復興タウン鬼生田開発プロジェクト」の趣旨を説明し、その理解と支援を依頼した。

その後も各地域の仮設住宅にて避難生活を送っている自治会長を始め被災者の方々との交流を深め、家族と一緒に住める安住の地を求める切実な訴えを聞いた。

ある時、会津若松の大熊町仮設住宅を訪れた際の自治会長の言葉が胸に深く突き刺さった。「息子夫婦は孫達を連れて仮設住宅を出て行って久しい・・・・爺ちゃん生活が整ったら迎えに来るからな!と言っていたが、このままでは、先にあの世からお迎えが来てしまうなハハハ・・・・」と寂しそうに笑った顔が今でも忘れられない。

「このままでは駄目だ!一日も早くこのプロジェクトを実現して、原発事故被災者の方々が失った古里と絆を回復し、家族と一緒に住める夢と希望を取り戻せる協働のまちづくりをするんだ。会社勤めをしながらの片手間の仕事では、このプロジェクトは達成しないぞ」との熱い思いがこみ上げてきた。一日も早く鬼生田開発プロジェクトを達成すべく27年11月20日付で再雇用先を依願退職し、このプロジェクトに全勢力を傾ける事となった。

そうして、今まで任意団体として行ってきた活動を更に県内全域に広げて行くために地元郡山市はもとより、他地域の行政や関連団体との連携を深めて、社会的にも認められた公的な組織にして行くことが最良の策であると考え、特定非営利活動法人格を取得するべく郡山市NPO活動推進課と協議を重ね平成28年2月19日付でNPO法人として認証を受け、更に2月25日に法人格としての登記を完了し、NPO法人として成立した。

これから、鬼生田開発プロジェクトの達成までは数多くの困難な課題を乗り越えなくてはならないが、原発事故被災者の方々が家族と一緒に楽しく暮らす笑顔を夢見て、鬼生田の地域の仲間達そして原発事故被災者の方々と力を合わせて、行政からの押し付けではない、自分達が本当に住みたい復興の街づくりを目指したいと考えている。

鈴木清一代理吉田邦吉投稿
(これは上巻の続きである)

※吉田注……鈴木さんと吉田が出会えたのは第一回ヴェルト秘密会が秘密会であるとの連絡がいきわたっておらず米田博さんを通じて津田枝里子さんが唯一お客として訪れた偶然からである。