曖昧な物質と曖昧な避難指示解除と  酒井政秋

昨日(平成28年5月11日)で飯舘村「方部別住民懇談会」(実質的に平成29年3月末の避難指示解除及び平成28年7月1日からの長期宿泊の実施について国に要望したことなどを踏まえての説明会である。)が一通り終わった。日程はたったの5日で、ご都合のつく日や場所にお越しくださいとのことだった。
しかし、今回諸事情により、どの会場にも足を運べなかった。
これで、「説明会はなされ、一定の理解を得た」ことになってしまうのだろう。
これまでの懇談会や説明会を例にとっても、避難指示解除は強行されるだろう。
これが民主主義のあり方なのだろうか。

原子力災害対策本部が平成27年6月12日に改訂した「原子力災害からの福島復興の加速に向けて」の資料によると、避難指示解除の要件として、
① 空間線量率で推定された年間積算線量が20ミリシーベルト以下になることが確実であること。
② 電気、ガス、上下水道、主要交通網、通信など日常生活に必須なインフラや医療・介護・郵便などの生活関連サービスが概ね復旧すること、子どもの生活環境を中心とする除染作業が十分に進捗すること。
③ 県、市町村、住民との十分な協議
と説明している。

飯舘村の場合、どの要件も満たされないままである。ましてや、飯舘村の生活圏は山や自然と密接に関わりあっている。つまり自然を切り離した生活はできないのである。
このまま、どの要件も満たさないまま、飯舘村避難指示解除をした場合、 禁止事項ばかりが増えてくる。
① 山には入らないこと。
② 山菜やキノコは食べないこと
③ 自家製野菜は常に測ること
④ 線量の高いところ(ホットスポット)には近寄らないこと。

これはほんの一部にしかすぎないのかもしれないが、ざっと考えただけでも、非常に拘束された生活が待っている。帰ったとしても、本来の自然とつながりあった生活には程遠いと思われる。
そこで、私自身危惧しているのが、放射性物質は「目には見えない、味もしない、匂いもしない」曖昧で且つ存在感のあるめんどくさい物質であるために、「ちょっとぐらい食べてもいいんじゃないの?」という、自然と結びついてきた人たちにとっては形の見えない誘惑に襲われてしまうことである。
「ちょっとぐらい」・・それが一番危険であることは過去の公害を学んでみて危惧しなければならないことだと思う。国の基準値の曖昧さも含めて、「ちょっとぐらい」それを春、夏、秋と続けていったら、「内部被ばく」するという事になる。それは、年配者だから良い、とはどうしても思えない。それが積もり重なって、「癌」や「持病」が誘発されてしまうのではないか、とても心配だ。
避難指示解除になったから、問題が解決するわけではない。避難指示解除によって、村民の健康も安全も揺れ動かされ、そしてまた新たな問題、村としての存続危機に見舞われてしまうのではないか?それが村民にとって飯舘村にとって果たして良いことなのだろうか?
それぞれの意見は異なる。だからこそ、避難指示解除というのは個人個人が決めてもいいのではないか。全体で解除をすると切り捨てられる村民もいる。「避難指示解除個人選択権」もあってもいいのだはないだろうか。ひとりひとりが本当の意味で自由に選択できる権限。それが人権というものなのではないだろうか。

もっと国や東電は一人ひとりの人生の重さを考えてほしいと思う。そして、一人ひとりの「幸せ」が担保できる社会になってほしいと切に願う。

風評被害ではなく実害論2016 吉田邦吉

フクシマ事故、汚染地域の、

放射能の恐れある食べ物が数秒でテストされ大丈夫万歳スマイルです出荷制限解除マーチとして実はたまに放射能廃棄物レベルで入ってるロシアンルーレットが自信満々で始まっているが、その悪魔のくじになんら保証はなく、かつ、テストは全国民に全て透明とは言えず数字のみ渡され、意見も真面目に集約せず、かつ、フクイチ湾は汚染水を出しまくり、メルトアウト燃料も放射能だし続け、かつ、もうルーレットが公的機関により当たった約500人の子が栃木に居ても日本は、おざなり。

これで誰がどう信じるのだのだろう。ライバルだらけなのに商品を売る人の暮らしとか買う人に関係ない。買う人は我が子の健康が大事。何かおかしいこといってるだろうか。地元民だって避難した。同じスタートでないことがずっと続けばただの棄民である。これからずっと、自由主義社会で合理的被差別地域となり続ける。わからないのか?逃げても消費社会はシビアだ。それをやわらかく書いたのがこれ。

政府よ、福島を日本だと思っているのか。

ーーー

昨年5年目に発表した「風評被害ではなく実害論」は、40000閲覧17000ライクを達成した。ヴェルトガイスト・フクシマでは桁違いに多いこの数字にわたしは1年間よく考えた。紙媒体のヴェルトガイスト・フクシマ2号でもこの随筆は掲載していて、反響は大きかった。

最近、栃木県の学校給食のタケノコから基準値の二倍の放射能が発見された(給食のタケノコご飯から基準超のセシウム 宇都宮の小学校 産経新聞 5月11日(水))。記事によれば「食べた後のタケノコ」を検査したようだ。

以下、事実のみ引用すると『宇都宮市は11日、市内の小学校で10日に提供した学校給食のタケノコご飯のタケノコから、基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超える放射性セシウムが検出されたと発表した。市によると、10日の給食で同校児童531人が食べたタケノコごはんを簡易検査したところ、基準を超える放射性セシウムが疑われたため、栃木県林業センターで精密測定。その結果、最高で234ベクレルを検出した。』

最大値が汚染廃棄物となる二倍の量である。この以下どこかの値での量を既に食べてしまった。つまり、そのタケノコについて「安心」ではないことになり、「不安は現実化」し、それについては「危険であった」つまり「実害」かつ「人体汚染」「内部被曝」ということになったとわたしは考える。「公のデータを信頼しても危険だった」ということだ。今までどれだけ、公のデータと言われ続けてきたことだろう。どれだけ何か言えば「風評被害」と言われただろう。

実際、「危険だった」となれば、「ただ発表しただけで終わり」だろうか。もしそうなのであれば、「ほら、やっぱり、食べないほうがいいよ。いざというとき、何もないのであれば、危ない」となるに決まっている。つまり、「安心とか安全」には、政府東電による『責任』があってこそなのだ。

もし責任がなければ、フクシマ事故の汚染地域は、同じスタートラインにはまず立てないだろう。検査しました、大丈夫です、と「言うだけ」では、その先が心配すぎて消費行動には踏み切れないと思う。踏み切る自体に勇気が必要であることをわかってないのであろう。目に見えないものなのだから、隠れることだって簡単である。まさに、<不安は数量化できない/赤坂憲雄 月刊『同朋』誌 2016年3月号>。

わたしは今も生産者のイエの長男であり、今も原発避難者でもある。その、どちらも大切にしたい両義性により、わがこころですら非常に分断されている。暴力的抑圧の言葉「風評被害」は、多様な声を押しつぶしてきたと思う。「言えば風評被害、死ねば自己責任」、そういうことで良いとは言えない。

すこし、提案がある。検査機器やその実際の現場での光景を、誰もが見られ、誰もが質問や意見をしやすいよう、公開すべきだ。異なる方法では数値の出方が違うかもしれない。透明性や発展性のないところからの「安全です」は、不安ですの裏返しになってしまう可能性を孕んでいる。多様な声を押しつぶしてはならない。鼻血事件2014から数えて2年間、事故から5年間、今のところそう思う。

はたしてこの事件での責任は、とられるのだろうか。昨年、海外の人はこう言ったことが、忘れられない。「基準値以下だって、ずっと食べ続ければ合計量は蓄積する」。まるで食べ物に包むと放射性物質は食べられると日本が言っているかのごとくに、そのときわたしには感じられ、異様な心持ちがした。

なお余談ではなく一つの本題として現在、飯舘村の避難指示を無理やり解除しようと住民懇談会が開かれているが、大炎上している。問題は山積していてだいぶ時期尚早に見える。危険だから避難しているのに、なぜ帰すのか?ヴェルトには飯舘村のライター酒井さんが居るので彼に任せたいが、この上の問題のようなことも、起きるかもしれない。

一体、「国の基準である公のデータ」とは、なんであろう。
国による人権保障があってこそでは、なかろうか。