一年間ありがとうございました  吉田葉月 

栃木県の台地にて。(2015年6月 撮影:吉田葉月)

栃木県の台地にて。(2015年6月 撮影:吉田葉月)

WELTGEIST FUKUSHIMAのライターとして活動し、一年が過ぎました。
私は1年の経過を機に、ライターとしての活動を終了します。
これまでありがとうございました。

私は、この媒体を通じて、希望や生きることについて書こうとしてきました。

さっき、暗い夜道の移動中に、どんなに角を曲がっても曲がっても生まれ故郷にばったりと遭遇することはないんだなあ、と分かりました。その時、気持ちがしーんと静まり返りました。
生まれた故郷は、まるで私が私であることを作るものでもありました。土地の音、土地の習慣、土地に暮らす人間の姿や気配、日が昇る方角、海の方角、山の方角、田畑の風景、家から道路までの距離、家から学校・スーパー・友人宅までの道のりとその風景。その様なものが、私が私であることを疑わずに済ませてくれていたようです。双葉郡の暮らしのなかで、繰り返し、反復し、往復してきた、ほとんど不変に思えた道、声色、景色を遠ざけざるを得なくなったので、私はだいぶ混乱してしまいました。繰り返してきたもの、反復してきたもの、往復してきたもの。そういったものに、私が私であることを委ねていたのかもしれません。

栃木県の八方ヶ原。(2015年6月 撮影:吉田葉月)

栃木県の八方ヶ原。(2015年6月 撮影:吉田葉月)

紙粘土と栃木県の大麦による造形。『WELTGEIST fUKUSHIMA』5号の裏表紙の造形の仲間です。(2015年6月 造形・撮影:吉田葉月) 

紙粘土と栃木県の大麦による造形。『WELTGEIST fUKUSHIMA』5号の裏表紙の造形の仲間です。(2015年6月 造形・撮影:吉田葉月)

近頃私は、何の疑いも持たず双葉郡のあの町の子供だったことについて恥じ入っていました。その土地で生まれその土地で育った「その土地の子ども」時代の私は、原発の町として色づいてきた地に希望や安息を求めて転入してきた若い家族やその家の子供に優しくなかったなと思います。それに、原発の仕事に従事する大人のいる家庭のことも知ろうとしては居なかったな、と。誰にでも安息の地があって当然であってほしいと思う反面、暮らす場所があるのが当然で、暮らす所が無い人について思いも馳せようがない「当然ある暮らし」から得た傲慢さや、だれにでも帰る故郷があって当然と思うような鈍感ぶりを知らず知らずのうちに「その土地の子ども」である私は身に着けていました。「その土地の子ども」の口ぶりをしていなかった、どこか居心地の悪そうに見えることもあった転入生たちに優しくできていたらなあ、と今さらながら思います。
放射能汚染から逃れながら暮らすようになった今ではさすがに「誰にでも帰る故郷がある」とは思いません。かつて出会った転入生たちのように、移動しながら居場所を切り開かざるを得ない人たちもいる。そんなわけで、私は時々、何らかの事情で原発の町に転居してきた人たちのことを意識した暮らしとして、過去を生き直したら、どうだっただろうと想像します。更に、原発が建つ前の町に戻れたとしたら、どうやって原発を建てることを辞めるように周囲の人を説得すればよいのか、などと、生まれるよりも前の時代に行くような妄想をしてしまいます。私は、生まれ育った地のことを思うと、どうしても過去に行ってしまうようです。

土地は誰のもの?誰のものでもない。先住の人が偉いわけではないし、かといって、土地の知恵や大事にされているものについて継承する繋がりをもたない人が好き放題していいというわけでもない。だから、せめて今いる土地をあまり痛めつけないでいようと思います。

また、いつかどこかでお会い出来ればその時は宜しくお願いします。

海のひろいもの。奄美群島、西伊豆などで拾った貝殻と人工物の破片。 可愛い。(2015年初夏 撮影:吉田葉月 )

海のひろいもの。奄美群島、西伊豆などで拾った貝殻と人工物の破片。 可愛い。(2015年初夏 撮影:吉田葉月 )

紙粘土・海のひろいものによるフタバスズキリュウ2体目 (2015年初夏 造形・撮影:吉田葉月 )

紙粘土・海のひろいものによるフタバスズキリュウ2体目 (2015年初夏 造形・撮影:吉田葉月 )

同上 (2015年初夏 造形・撮影:吉田葉月)

同上 (2015年初夏 造形・撮影:吉田葉月)