遺構ー福島の写真展を新宿西口で見てー 柴田慶子

存在した意味や、追われた意味や、悲しみの記憶は、本だけではなく遺構として生きる。広島に原爆ドームがあるけど、長崎にはなんとかドームがないの知ってる?写真のように浦上天主堂は原爆直後も残っていたんだ。1958年に解体された。保存運動もあったらしい。保存に前向きだった市長が、渡米をきっかけに方向を転換したという話もあるが、明らかではない。グランドゼロの地点は、流れるプールがあって400円で遊べる。

11760465_869334416478867_319972562_o
浦上ではあの8月9日、8月15日の「聖母被昇天」の準備があった。信徒1万2000人のうち8500名の命が奪われたと言う。

11755036_869334473145528_962290424_o

流転福島 中筋純 写真展 2015年7月18日~8月1日@新宿西口プロムナードギャラリー

新宿西口の地下街の歩道で福島の写真展を見る。本音を言うと、この場所は、息苦しい。かつて、ホームレスが大勢すんでいた。ダンボールハウスがたくさんあった。地下街には不要な広い空間。二つの私鉄とJRと地下鉄が交わる、リーマンも学生も行き交う、その交差点にホームレスがいたのだ。ある日、出火した。

写真にうつる風景は、作者が意図したんだろうが、営みがないから息苦しい。しょうがない、これが福島の事実なんだから。一瞬見るとジャスコができてシャッター通りになった千葉のいなかにも見える。本当は豊かな営みがあったはずなのに、休止した町。ただ、これは、シャッター通りではなく、たった一日の出来事で全てを奪われた商店街や町なのだ。
失われた町をうたった青春の詩を読んでみる。商店街で普通に青春を過ごした作者がビートルズのように横断歩道を渡っていく。彼は、どうして、この町に戻ったのだろう。

11770161_869334103145565_1930005588_o

流転福島 中筋純 写真展 2015年7月18日~8月1日@新宿西口プロムナードギャラリー

ネットラジオが歴史と向き合うことを忘れた愚か者達の野蛮な振る舞いを述べている。ガラスの向こうにある凍結した店の営みは遺構そのものだ。ガラスのなかの写真に背を向ければホームレスがいた空間がある。人が行き交うなかで、そのまんなかで、段ボールをたて、暮らしていた。

青春の詩を書いた人は、この町を離れて、福島県内にすんでいる。お金一杯もらってるんでしょ、と言われるのだそうだ。ああ、この国で、お金一杯もらってるんでしょと言われる人は、沖縄、かつては、長崎、広島。お金をもらってるんでしょと言う国は、この国の他にあるんだろうか。お前の金歯も金でできているだろうが、札ビラでほっぺたをひっぱたきたいが、それには、手がたりない。

大熊の商店街の人は、いま、どんなところにすんでいるのかな。

ネットラジオが、もう、この国にはクーデターが起こった。それは7月1日だったと伝えている。鶯の巣にホトトギスが卵をうみつけるように、その卵は7月15日に孵化した。鶯は雛の大きさに疑問を持ちながら、餌をやり続けるそうだ。もう手遅れ?ヨドバシへの階段をかけのぼった。戦後は終わったとされるその日、娘を塾に送りながら、福島の写真展を見た。

コットンプロジェクト福島の製品をエシカル&オーガニックマーケットで     -伊藤千惠

今日は、新宿パークタワービルで開催されているエシカル&オーガニックマーケットというイベントに行ってきました。
目的はコットンプロジェクト・福島を運営されている「わ田や合同会社」さんのなんとも素敵なオーガニックコットンの商品。
cotton_01
cotton_02私が6月に宿泊した農家民宿「ゆんた」さんも、コットンプロジェクト・福島に参加されており、オーガニックコットンの植え付けから収穫まで体験できます。
「わ田や」の代表、渡辺真紀湖さんは、そこでできたオーガニックコットンやトレーサビリティのある天然素材をつかった高品質の製品をつくっておられます。
百聞は一見にしかず!ふれてみるとオーガニックコットンの心地よさはすぐに体感できます。
みなさんもぜひ、明日は新宿パークタワービル1Fへお出かけになってみては?

オーガニックコットン100%のマスコット。至福のさわりごごちです。

オーガニックコットン100%のマスコット。 至福のさわりごごちです。 下の糸巻はオーガニックコットンを紡績したもの

渡辺さんは、アパレル業界に24年間勤めたあと、オーガニックや自然環境といったものに関心がシフトし、いまのような天然素材を糸から生地にいたるまでのテキスタイルの企画・開発をするようになり、もちろん染色も原料となる植物のパワーをいかしたものづくりをなさっています。
製品と同じように自然なたたずまいながら、生き生きした渡辺さんの姿をしっかり写真に撮らなかったのは、痛恨のミスでしたが、またお会いできるでしょうから。

 

成熟をはばむもの   伊藤千惠

7月17日、安全保障関連法案の強行採決に対する国会前での抗議集会に行ってきました。
法案は集団的自衛権が大きな争点でしたが、現憲法では集団的自衛権が行使できないので、今までの解釈を変えようというもの。
しかし、自民党が2012年に策定した憲法改正草案についてのQ&Aでは、「9条1項・2項の全体」の解釈により行使できないので、現行2項を削除して新2項で改めて自衛権の行使には何らの制約もないように規定したと書いてあります。はっきり、違憲なので法を変えると言っているわけです。
改憲はハードルが高いので、現行解釈を変えようというのはずいぶん乱暴なはなしであり、本当に集団的自衛権を行使してアメリカの防衛費を軽減させる必要があるというのであれば、憲法改正を国民に問うべきでしょう。そもそも集団的自衛権は他国をまもることで、自衛のためという理由はおかしいし、議論をつくしたとも思えない。
誰が総理であれ、とてもいやだと思っていたので、採決されてしまったということで、そんなものはのめないという意思表示にいきました。

抗議集会、抗議デモは国民が持つ権利のひとつであり、道路を占有する届けを事前に出します。
国会議事堂前の建物をぐるっと囲む四周の道路は封鎖して、正門前に対面する歩道にステージがもうけられ、主催者のシールズの人たちがスピーチやコールをしたり、議員や学者、ジャーナリストなどのゲストがスピーチします。
3メートルくらいしかない歩道をコーンでしきって、一方に参加者がたまり車道側は人が通行するためにあけておくようです。
kokkai_09

人がたまるスペースがないので、細く長く歩道に人が並び、まるで行列のできる国会議事堂のようです。途中に給水所もありました。
kokkai_08

清志郎のCDをガンガンにかけている人も。
kokkai_06

ステージに近くなると人がぎっしり。若い人が多い。報道陣もたくさん来ていました。
kokkai_01

kokkai_04

抗議の内容はネット上でたくさん拡散されているので、ここではふれません。
実は、私がこの日一番感じたことは抗議の内容ではなく、過剰警備とも思える車道側にもうけられた鉄柵と、終始「たちどまらないで下さい、押し合うと危険です!」という警察官の呼びかけと、狭い歩道におしこめられたことからくる閉塞感でした。
まあ、大人数が集まり押し合う危険性もあるでしょうし、車道は原則として使わないというのは理解できます。暴徒と化す可能性はほとんどない性格の集会ではありますが、可能性がゼロとはだれも言えない。いたしかたないことと思いますが、なんだか自立した大人としての扱いではないという気がしたのです。
これはデモや集会に限ってのことではありません。駅のホームでひっきりなしに流される放送や、たばこやに書かれているリスク、電化製品を取り扱う際の注意など、成人であれば一般的に理解していることを、注意は与えたからあとは何があっても自己責任ね、とでもいうようなスタンスは、未熟な社会の証左である感じがするのです。いわば過剰なおせっかい社会は成熟した人間を育てる環境にはほど遠いような。
そんないろんなことを感じた日でした。

帰りぎわ、取材に来ていたロシアのメディアの方に少しお話しをうかがいました。
ロシアの国内向けに世界中の情報を特派員が伝えるそうで、3時間撮影したものを4分くらいに編集されるとのこと。
彼は、ロシア国内では日本人全体が軍国主義に戻りたいかのようにとらえられているので、現政権に反対の人たちもいるということを伝えたいのだと話してくれました。
福島にも取材に来てくださいと言うと、2012年に警戒区域に行った、今はとても複雑な状況なので、明るい話題がないとね、とちょっとことばを選んでの話でした。
kokkai_03

kokkai_02

なにか社会全体がきゅうくつな、非生産的なものを疎んじるような雰囲気につつまれており、それが成熟するということをはばんでいる気がしてならないのです。

 

 

デモや反戦に「反対」で「平和活動」ですのお花畑な人達へ 吉田邦吉

ブログ「わたしは戦争にも原発にも反対しません」が流行ってるようなのですが、たいへん違和感です。

まず、あなたがたが、「自分でどんな活動をしているのか」を書いてください。それで十分です。他人のデモ活動を否定する必要はどこにもありません。「反対」をネガティブとレッテルばりしないでください。福島で言えば被災も悲しみも「見えないポジティブ復興」という偽善まっぴらごめんです。

私達ふくしまの被災者は「見えない放射能」じゃないんです。

デモにいくのに、まず、「決意」して、「予定」を考えて、「予算」を考えて、「勇気」をもって、「逡巡」して、それから「声を出すかどうか考え」て、さらに「ゆらゆらと電車に揺られ」そうしてやっと「長い道のりとなるデモ」を行い、「ふらふら」になり、「家路も遠い」んです。

それを何知ってるんだと私は言いたいです。私も一度しかデモしたことないんですが(場所は福島の浜通りです)、少なくとももうデモをバカにするやつはお前一度でも行けって思います。ボランティアってそんなにエラくてデモ活動がそんなにサゲなんですか?

集会結社表現の自由、デモ活動は憲法で認められている人権です。
同じく人の営みではありませんか。

優劣をつけようとする姿勢。
悲しいと思います。

防衛という美名で侵略をした大東亜戦争を、「ボランティア活動」「平和活動」で、すぐさま防げるんでしょうか。長い長い、気が遠くなるほど遠い道のりではありませんか。それはそれで立派なんですから、自分を万能と思っちゃいけません。デモ活動をしている人達は、自分たちを万能の神だなんて絶対思っていません。

同じ志で、同じく平和を目指すために、やっていることなのです。
対等で居ましょう。お互いにリスペクトしましょう。

お互いに片方だけならなおのこと相手を知らないはずです。
お互いを思いやり、お互いを尊重しましょう。言葉で言うのは簡単なのですよ。

紹介コーナー 『歌集 青白き光』 佐藤祐禎 : いりの舎文庫  -伊藤千惠

歌集「青白き光」 :佐藤祐禎 入りの舎文庫

歌集「青白き光」 :佐藤祐禎
入りの舎文庫

いつ爆ぜむ青白き光を深く秘め原子炉六基の白亜列なる

わが町に稲あり魚あり果樹多し雪は降らねどああ原発がある

鼠通るごとき道さへ舗装され富む原発の町心貧しき

「この海の魚ではない」との表示あり原発の町のスーパー店に

反原発のわが歌に心寄せくるは大方力なき地区の人々

原発に勤むる一人また逝きぬ病名今度も不明なるまま

原発に怒りを持たぬ町に住む主張さへなき若者見つつ

(歌集 青白き光〈いりの舎文庫1〉より)



これらの短歌は、いずれも2011年3月11日以前に詠まれたものです。
詠み人は、福島県双葉郡大熊町で農業を営みながら、反原発をうたってきた佐藤祐偵氏。

75歳にして初めて上梓された歌集「青白き光」は、平成16年発行当時、安全神話がまかり通っていた時代ゆえに問題作とはならなかった、とあとがきにあります。
原発事故後、「予言の書」として注目され、平成23年12月に文庫版としていりの舎から再版。カバー裏の写真は、まぎれもない農業者の朴訥な顔を映しだしています。

「青白き光」というタイトルを見て、私はまっさきに東海村JCO事故を思い出しました。
短歌や俳句、古典などに浅学な私にも祐禎氏のうたはまっすぐに入ってきます。

事故後、家族バラバラの避難生活を余儀なくされ、2年後の平成25年3月12日にいわきの病院で逝去されています。


七人の家族が五ヶ所に別れ住みケイタイに日々の言葉をつなぐ (福島県短歌選集 H23)

原発にわれの予言はぴたりなりもう一度いふ人間の滅亡 (避難後、歌集未収録)

(いりの舎発行:うた新聞 2014年3月号より)


祐禎氏が師に言われたという、『今歌わなければいけないものを詠め』
ということばが深く刺さりました。