宇都宮空襲展にて   吉田葉月


19歳学生
「たまたま通りを歩いていて、気になって入ってみました。これまであまり宇都宮の空襲を知りませんでした。」

オリオン通りでそう答えてくれたのは、宇都宮在住であるという青年です。
オリオン通りは宇都宮のアーケード街。7月23日の夕刻、宇都宮は土砂降りの雨でした。戦後に作られたこのアーケードのおかげでオリオン通りでは一滴の雨にも濡れることなく、私は青年に質問をすることができました。
この日、オリオンACぷらざでは、「ピースうつのみや」(「宇都宮平和祈念館を作る会」から名称変更)による宇都宮空襲展が催されました。19歳の青年もまた、この日、宇都宮空襲展の会場に訪れた一人でした。

山口勇さん制作の収束焼夷弾実物大模型(左手前)とオリオン通り(奥)

山口勇さん制作の収束焼夷弾実物大模型(左手前)とオリオン通り(奥)

2015年7月後半に催されたこの宇都宮空襲展は、「ピースうつのみや」によって集積された、宇都宮における空襲を示す資料、同グループにより作成された模型や絵や年表といったものを通じて、当時の被害や生活について立体的に感じることのできる展示でした。
印象深かったのは、山口勇さん(故人)を中心として制作された、壁二面にわたる横長の宇都宮空襲のイメージ図と、宇都宮の炎の様相が分かる機能を持った緻密な都市模型でした。
当日、解説をしてくださった、「ピースうつのみや」内で語りの役割を務めているという大野幹夫さんのお話によれば、山口さんは市内在住の建築家で、空襲の際には雀宮にいたそうです。直接的な空襲に遭われ避難を要した大野さんとは異なり、山口さんは直接空襲の被害には遭っていなかったそうで、直ちに宇都宮の救済に入られたのだそうです。空襲直後の宇都宮に触れた体験から、中心となり絵画や米軍の戦闘機の模型といったものを作成していきました。

山口勇さんを中心として作られた火の手をあげる宇都宮の模型

山口勇さんを中心として作られた空襲後の宇都宮の模型

熱で変形した羽釜、熱火とすすでまっ黒になったが砂で落とし使われたというやかん。

熱火で変形した羽釜、熱火とすすでまっ黒になったが砂で落とし使われたというやかんなど。

慰安所と従業員の存在を示すポスター

慰安所と従業員の存在を示すポスター

19歳学生
「(展示を見て)明るい気持ちにはなりませんでした。戦争に関しては沖縄の修学旅行で興味を持ちました。」
「絵が印象に残りました。宇都宮で空襲があったことはなんとなくは知っていたけれど詳しくはありませんでした。」
絵というのはやはり山口さんらによる宇都宮における空襲のイメージを描いたもの。描かれているのが二荒山神社や松が峰教会であることが分かると彼は話しました。

オリオンACプラザ内。宇都宮空襲イメージ図。手前には罹災証明書などが展示。

オリオンACプラザ内。宇都宮空襲イメージを表した絵。手前には罹災証明書などが展示。

大野幹夫さん
「宇都宮の人は、東京の空襲や長崎の原爆を知っているが自分たちの身近な戦争を知らない。戦争は身近な問題だと捉えてほしいです。戦争は過去のことでは無いのです。子供が1日4000人死んでいます。人のことでは無いのです。自分のこととして考えて頂きたいです。あなたのような、若い人が動いてくれることが嬉しい。」

「ピースうつのみや」のメンバーの多くはパソコンを使わないので、メールやインターネットを使っている人たちに広げて貰えると嬉しいと大野さんは話されていました。しかし、そんな中でも、大野さんはITに関心があったこともあり、ご自身で「宇都宮平和祈念館を作る会」のサイトや「とちぎ炎の記憶」のサイトを作成されました。同サイトでは、身近な戦争をテーマに県内における戦争に関する情報の集積や公開をしています。今暮らしている場所の記憶に繋がる仕掛けを若い人に向けて作っている人がいるのだと感じました。

    ―各地で若い人による安倍さんの政治への反対や戦争反対のデモが行われているのをどう感じていますか。

19歳学生
「戦争ができるようになるのは良くないことだと思います。このままの方向で進むことは良くないと思います。」

 

ところで、近頃の学生主導のデモで大事にされていると感じるのは、まず自分自身について話そうとすることです。その言葉、声、姿には、個々人から発せられる知と熱と彩りがあります。彼らが路上に立ち続けるのは、戦争体験者の大野さんの言う「身近な戦争」が内包するようなことを、自身のこととして抱いているからなのかもしれません。
宇都宮空襲展に関心を持ち足を運ぶきっかけは、そういった若い人たちの姿や声に押されたところもありました。そのうえで、この展示を媒介として、身近に暮らす若い人の声に触れることができたことを嬉しく思います。そして、これからも若い人たちが宇都宮で平和に集い遊び学べることを切に願います。

宇都宮空襲展のポスター「やっぱり、戦争ダメだよね!」

宇都宮空襲展のポスター「やっぱり、戦争ダメだよね!」

 

参考HP:
とちぎ炎の記憶[栃木の戦災・空襲を語り継ぐ会]http://tsensai.jimdo.com/
オリオン通り商店街振興組合http://www.orion.or.jp/index.html

うつのみや妖精ミュージアムへ -伊藤千惠

“妖精学”ってごぞんじですか?
ヨーロッパ全域の民間伝承に登場する“妖精”の淵源はいくつか大別できますが、ケルト神話から派生しているものも多いんですね。
なんてことを学術的に体系化したのが妖精学。その日本での第一人者が*井村君江さんです。

わたくしごとで恐縮ですが、昔から本を読むことが三度のメシの次くらいに好きで、いっとき幻想文学や妖精譚=フェアリーテイルに熱中しました。そのとき読んだ妖精に関する文献は、ほとんど井村さんの著書か訳書でした。

宇都宮の妖精ミュージアムには、当市出身の井村さんから1万点をこえる妖精関連資料が寄贈されています。名誉館長として毎月、ギャラリートークを開催されているという情報をヴェルトライターの吉田葉月さんから聞き、7月4日、ご一緒させてもらいました。

うつのみや妖精ミュージアム、右奥には妖精に関する蔵書を自由に読めるコーナーが。

うつのみや妖精ミュージアム

うつのみや妖精ミュージアム

入ってすぐのこじんまりとしたミュージアムショップ

うつのみや妖精ミュージアム

うつのみや妖精ミュージアム

6、7月はケルト神話がテーマということで、この日は主な神話の概要とケルト民族についてのエッセンスのようなお話。なにしろ、ケルトについては文献がカエサルの「ガリア戦記」くらいしかなく、はっきりとわかっていることは少ないようです。

神話の中の英雄たちがかわす「ゲッシュ=誓約」という概念、ケルト暦は闇からはじまるという話を非常におもしろく感じました。
英雄たちは、ある動物を食べてはいけないとか、悲恋の相手を連れて逃亡するとか、それぞれゲッシュを交わすのですが、必ず最後は破綻します。
日本人は「契約」という概念がもともと稀薄であるということはよく言われますが、なるほど日本の神話やフォークロアには、それに該当するものがないように感じます。西洋起源の「契約」は当初は相手を縛るものであるけれど、必ず破られるということは現代にも通底しているかもしれません。

また、井村さんの「闇からはじまる」という表現のゆえんは、ケルト暦は日没が一日のはじまりで、10月31日すなわちハロウィンが大晦日であり、その夜から新しい年がはじまり、もろもろのものが生成されるということです。
人間が死後に行く世界は、日本では西方浄土、極楽浄土、あるいは黄泉の国など、現世を隔てる異界としてあります。日の沈むところと地下世界。
ケルト民族にも、ティル・ナ・ノグ(常若の国)と地下の国という異界観があり、同じように日の沈むところと地下世界と共通した認識があることがおもしろい。

世界の神話の類似性は心理学者ユングの指摘するところですが、こういった日本の神話との共通点あるいは相違点を比較し、その意味を分析してみるとおもしろい発見があるのでは?と思ったことでした。

井村君江氏

井村君江氏

私は今回、井村君江さんご本人のことはあまり存じ上げずに、トークを聞かせていただきましたが、井村さんは1999年に脳梗塞で倒れ、左半身不随になり車椅子で生活されています。そんな不自由さをまったく感じさせないキュートなお人柄と闊達なお話でした。
ご本人のたどった足跡もまたうかがってみたいと思うのです。


井村君江
(いむら きみえ、1932年3月1日 ― )
日本の英文学者・比較文学者。ケルト・ファンタジー文学研究家。フェアリー協会会長。イギリス・フォークロア学会終身会員。明星大学名誉教授。妖精美術館(福島県大沼郡金山町)館長。うつのみや妖精ミュージアム名誉館長。
2003年に生まれ故郷の宇都宮市にケルト・妖精関係資料(文豪の自筆原稿や貴重な美術品を含む)を寄贈した。寄贈された資料を展示するため、2007年7月31日、世界的にも珍しい妖精をテーマにした美術館うつのみや妖精ミュージアムがオープン。名誉館長に任命される。
(ウィキペディア2015.7.7現在)

 

4号雑誌「ダークツーリズム・ギリシャ」 吉田邦吉

「ダークツーリズム・ギリシャ」WELTGEIST FUKUSHIMA201507臨時増刊通巻4号 吉田邦吉

「ダークツーリズム・ギリシャ」WELTGEIST FUKUSHIMA201507臨時増刊通巻4号 吉田邦吉

臨時増刊(通巻4号)2015年07月31日発売予定 定価550円 ISSN 2189-4639

執筆編集発行:吉田邦吉
表紙裏表紙デザイン:天井優志

巷じゃ「国際情勢」が流行っているが、実際にギリシャに行き、そのような世相に流されない「真実のギリシャ」を実物で見、かつ、難しい話をしないけど、ちょっと考えさせられる、ちょっとギリシャ語を勉強し、そこで暮らし歩いた、写真が多い普通の旅行記。

・注文方法
お手紙を送る」より以下を送ってください。

1、住所 2、氏名 3、冊数

・送料(ゆうメール [旧冊子小包] )

2冊まで180円、4冊まで215円、
8冊まで300円、16冊まで350円。

※送料を定価×冊数に追加してお振込ください。

・振込先

ゆうちょ 18280 27500011 ヨシダ クニヨシ

・他行からの振り込み先

店名 八二八(ハチニハチ)
店番 828
預金種目 普通預金
口座番号2750001

※もし上の「お手紙を送る」項目から連絡できない場合は下記にお願いします。
※わたし吉田のフェイスブックへのご連絡でもありがとうございます。

エキサイトメールヴェルト茶会用

WELTGEIST FUKUSHIMA 2015年7月発行、夏号(通巻3号)

2015年、夏号(通巻3号)2015年07月28日発売予定 
定価550円 ISSN 2189-4639

※現物は「2015年」と「夏号」部分削除 雑誌WELTGEIST FUKUSHIMA2015年夏号の表紙デザイン©天井優志+吉田葉月 編集発行代表:吉田邦吉

※現物は「2015年」と「夏号」部分削除
雑誌WELTGEIST FUKUSHIMA2015年夏号の表紙デザイン©天井優志+吉田葉月 編集発行代表:吉田邦吉

表紙裏表紙デザイン:天井優志・吉田葉月

著者
赤坂 憲雄
目良 誠二郎
中筋 純
増山 麗奈
高田 緑
米田 博
酒井 政秋
竹内容堂
星野 藍
廣田 拓也
物江 潤
中岡ありさ
吉田 葉月
柴田 慶子

編集部
デザイナー:天井優志
編集者:伊藤千惠
総務:吉田博子
編集長:吉田邦吉
ーーー

定価550円。

・注文方法
お手紙を送る」より以下を送ってください。

1、住所 2、氏名 3、冊数

・送料(ゆうメール [旧冊子小包] )

2冊まで180円、4冊まで215円、
8冊まで300円、16冊まで350円。

※送料を定価×冊数に追加してお振込ください。

・振込先

ゆうちょ 18280 27500011 ヨシダ クニヨシ

・他行からの振り込み先

店名 八二八(ハチニハチ)
店番 828
預金種目 普通預金
口座番号2750001

※もし上の「お手紙を送る」項目から連絡できない場合は下記にお願いします。
※わたし吉田のフェイスブックへのご連絡でもありがとうございます。

エキサイトメールヴェルト茶会用

前にご注文くださったかたはご連絡一本で発送いたします。

遺構ー福島の写真展を新宿西口で見てー 柴田慶子

存在した意味や、追われた意味や、悲しみの記憶は、本だけではなく遺構として生きる。広島に原爆ドームがあるけど、長崎にはなんとかドームがないの知ってる?写真のように浦上天主堂は原爆直後も残っていたんだ。1958年に解体された。保存運動もあったらしい。保存に前向きだった市長が、渡米をきっかけに方向を転換したという話もあるが、明らかではない。グランドゼロの地点は、流れるプールがあって400円で遊べる。

11760465_869334416478867_319972562_o
浦上ではあの8月9日、8月15日の「聖母被昇天」の準備があった。信徒1万2000人のうち8500名の命が奪われたと言う。

11755036_869334473145528_962290424_o

流転福島 中筋純 写真展 2015年7月18日~8月1日@新宿西口プロムナードギャラリー

新宿西口の地下街の歩道で福島の写真展を見る。本音を言うと、この場所は、息苦しい。かつて、ホームレスが大勢すんでいた。ダンボールハウスがたくさんあった。地下街には不要な広い空間。二つの私鉄とJRと地下鉄が交わる、リーマンも学生も行き交う、その交差点にホームレスがいたのだ。ある日、出火した。

写真にうつる風景は、作者が意図したんだろうが、営みがないから息苦しい。しょうがない、これが福島の事実なんだから。一瞬見るとジャスコができてシャッター通りになった千葉のいなかにも見える。本当は豊かな営みがあったはずなのに、休止した町。ただ、これは、シャッター通りではなく、たった一日の出来事で全てを奪われた商店街や町なのだ。
失われた町をうたった青春の詩を読んでみる。商店街で普通に青春を過ごした作者がビートルズのように横断歩道を渡っていく。彼は、どうして、この町に戻ったのだろう。

11770161_869334103145565_1930005588_o

流転福島 中筋純 写真展 2015年7月18日~8月1日@新宿西口プロムナードギャラリー

ネットラジオが歴史と向き合うことを忘れた愚か者達の野蛮な振る舞いを述べている。ガラスの向こうにある凍結した店の営みは遺構そのものだ。ガラスのなかの写真に背を向ければホームレスがいた空間がある。人が行き交うなかで、そのまんなかで、段ボールをたて、暮らしていた。

青春の詩を書いた人は、この町を離れて、福島県内にすんでいる。お金一杯もらってるんでしょ、と言われるのだそうだ。ああ、この国で、お金一杯もらってるんでしょと言われる人は、沖縄、かつては、長崎、広島。お金をもらってるんでしょと言う国は、この国の他にあるんだろうか。お前の金歯も金でできているだろうが、札ビラでほっぺたをひっぱたきたいが、それには、手がたりない。

大熊の商店街の人は、いま、どんなところにすんでいるのかな。

ネットラジオが、もう、この国にはクーデターが起こった。それは7月1日だったと伝えている。鶯の巣にホトトギスが卵をうみつけるように、その卵は7月15日に孵化した。鶯は雛の大きさに疑問を持ちながら、餌をやり続けるそうだ。もう手遅れ?ヨドバシへの階段をかけのぼった。戦後は終わったとされるその日、娘を塾に送りながら、福島の写真展を見た。