「放射能を過剰に怖がるな論」に反論 吉田邦吉

そこかしこでささやかれる「放射能を過剰に怖がる必要ないし、福島の誇りを発信論」に私は唖然としています。放射能が怖くないなら避難してないし原発作業でタイベック着用してないしロボットで溶融燃料とりだそうとしないし100Bq基準で大騒ぎされません。

4年前の今日、わたしは大変な恐怖に包まれていました。この世から放逐されたと思いました。生きていけないんだと思いました。半分の人生は終わりだと思いました。ものと思い出と先祖伝来の土地や家や人々の笑顔や避難中の生命や毎日毎日の苦労や何気ない自分の暮らしなど、全てが、「恐怖と強奪」によって引き裂かれていきました。

その気持ち、わかりますか。
簡単に「過剰に怖がるな」などと言わないでください。

わたしたちが何か悪いことをしたんでしょうか。
放射能を怖がるわたしたちが何か悪いことをしたんでしょうか。

悪いことをしたのは、誰ですか。
大人の責任をとらないのは誰ですか。
野放しに黙っているのは誰ですか。

放射能で人生を奪われ、放射能で人が死に、放射能で悩ませられています。
決して「ハッピーフクシマ」など、わたしにとって、全く腹立たしい内容です。

放射線被曝で染色体異常が一度でたらその後の子供らは取り返しがつかないミスコピーが遺伝していくのに、ほとんど回復と言われ、「じゃあ大丈夫、過剰に怖がる必要ない論」こそが「危険」なのを、忘れていると思います。「過剰に怖がるな論」ではなく、真剣に話し合うべきです。

安全神話やめてください。

ハッキリ言う、本当のことを言う、それでこそ「信頼」は、勝ち取れるものだと思います。それがどうですか。責任者は逃げる。汚染水は垂れ流しだんまり。中間貯蔵施設だなどと福島をゴミ箱にし、原発事故はいつ終わるのかさっぱり見通しがつかず計画は伸び放題。これのどこが、「安心安全」でしょうか。

無理もたいがいにしてください。
そんなことより責任をしっかりとってください。
「過剰に怖がるな」ではなく「責任とれ」と言ってください。
本当に、うんざりです。

5年目の3.11 ~空も海も大地もつながっている~ 伊藤千惠

4年前の3月11日のことを克明に覚えている。
仕事場から家まで歩いて帰った。
そのとき東北の地で何がおきているか知る由もなく、夜中に幹線道路をぞろぞろと歩く東京のわたしたちは、ちょっと非日常的なうきうきとした気分でさえあった。
帰宅し、テレビをつけ尋常ならざる風景に息をのみ声を失いうちのめされた。
生活のすべてを災厄にうばわれた人々。
そして、東京で消費するための電力を作っていた東京電力福島第一原子力発電所の事故。

責任の重大さを認めない政府と東電に憤りを感じた人たちの抗議のデモへ行った。
今まで知ろうとしなかった政府の、中央省庁の、産・学界の功罪。自分の無知。
この国の経済成長の陰画のように存在する環境汚染や地方の衰退。日米関係。
いろんなものを読み漁り雑多に理解し、書き散らし、叫んだ。

以前から知っていた福島在住の知人のブログには、東京人の活動は違和感を持つとあった。
それにまたうちのめされた。理解されていると勝手に思い込んでいた。
困窮している人のことを考えるのが先じゃないか?
ネットでは多様な声はひびいてこない。

町ごと避難、という考えられない事態を体験した人たちのところへ行った。
福島県内に戻ったり、県外へ自主避難したり、ずっと住み続けたり、
さまざまな状況にいる人のことを自分の目で知りたいと思った。
取材対象としてではなく、欠落した知識を埋める情報としてではなく、
お隣に住んでいる人として、友だちとして話を聞きたいと思った。
今は、何をするべきかではなくて、自分はどうしたいかと思って生きている。

先のことはわからない。
空も海も大地もどこまでもつながっているように
隔絶するのではなく、やわらかく受け止めたいと思っている。