極私的震災レポート  熊本2017~阿蘇編  伊藤千惠

2016年4月14日に発生した熊本地震から1年あまりたった。
震災直後のゴールデンウィークに、熊本へボランティアがてら実家や家族の様子を見るため帰郷したが、そのときのレポートは、冊子「ヴェルトガイスト・フクシマ2016年夏号(通巻6号)」に掲載した。
今回は、奇しくも東日本大震災の起きた2011年の6月に他界した父の7回忌のために帰郷。阿蘇に一泊し、法事のあと、熊本市内の昨年歩いたところを見てまわった。

被害の大きかった南阿蘇村の宿泊施設は再開していないところが多く、今回は阿蘇の内輪山をはさんで北側にある乙姫地区の温泉民宿に宿泊することにした。

鉄道はJR豊肥線、南阿蘇鉄道ともに一部不通。
道路は阿蘇大橋の崩落部分を迂回するルートのため、かなり渋滞しているように感じる。工事車両が多いせいもあるのだろう。

熊本空港から阿蘇を経由して大分へ向かう長距離バスは、平日ながら、補助席を使うほど混み、阿蘇で降りる観光客も何組かいた。

阿蘇駅から見た阿蘇五岳、往生岳か?

JR豊肥線は肥後大津駅から阿蘇駅まで不通だが、阿蘇駅より大分側は運転再開したため、駅前は列車を待つ人や道の駅で買い物をする人たちが三々五々。

阿蘇駅から乙姫の宿まで歩く。
目の前に広がる田園風景に、地元の生活はもとに戻ったように見える。しかし、よく見ると斜めにかしいだ電柱や

阿蘇市黒川地区

阿蘇市黒川地区

豊肥線のレールが曲がっていたり

JR豊肥線内牧~阿蘇駅間

JR豊肥線内牧~阿蘇駅間

レールが浮いてしまっていたり

JR豊肥線内牧~阿蘇駅間

JR豊肥線内牧~阿蘇駅間

これは川に土砂が堆積して、まるで道のようになっており、本来の河道はずっと下にある。少し下流側に土砂を取り除く工事看板があった。

乙姫地区を流れる小さな川

乙姫地区を流れる小さな川

いまだ復旧に時間がかかることは見てとれる。

乙姫の温泉民宿は非常に快適な施設で、平日にもかかわらず数組の客が家族風呂を楽しんでいた。宿のご主人は、JR不通のため私たちのようにバスで来るお客さんも多いですよと。

aso05

民宿の看板犬、チャック君

山や塚が近く遠くに存在する阿蘇はとても気持ちのいいところだ。活火山ではあるし、たびたびの洪水や昨年の地震など自然災害が多くはあるが、今回、6~7キロ歩いてみてあらためて良さを実感した。
正直なところ、小中学校を通じて毎年のように阿蘇には連れて行かれていたが、特別な感懐を持っていなかった。近くにいて何もわかろうとしなかった盆暗である。

熊本市編に続く

 

◇月いちリレーエッセイ◇       都議選…非正規労働者になって思うこと   米田 博

PSX_20170702_225444

2015年4月.…政治家の秘書を辞め非正規労働者の道を選んだ。トラックの部品を加工、たった3日で腱鞘炎…箸すらもてず1ヵ月で12kg痩せた。

給料は手取りで17万…15万は仕送り、3ヵ月おきに出る期間満了金6万でどうにか生活。
夏場は普通に40℃こえる作業場…そう言えば「絶望工場」っていう本があったな、まさにその通りだ。でも、職人気質が強い人が多くて仕事ができるようになると、みんな優しくなり意外と楽しくなった2016。

2017年、他県の自動車工場に移ったが差別がひどい…仕事をしない社員が非正規労働者をこき使う。ここは給料は多いが辞める人も多い…先月も寮から逃亡者がいた。入社説明会も最悪…「あんた達じゃ理解できないでしょうけどね」みたいな事を連発する人事部。契約更新は3ヵ月ごと…景気が悪くなれば、いつでもクビだ

会社側は、いつでもとんでもないノルマを課してくる。6月末で室温35℃、台車は150kg、それを20台運搬、1時間60本加工する機械に1本1kgの素材を投入。加工が終わった製品を取り出す。その機械が8台。1時間で960回ダンベル体操していると考えてもらえればいい。それを8時間、その間に1ミクロン単位でのマシン調整。毎日5ℓの水を持って行くがそれでも足りない…20以上歳下の社員にバカにされる毎日。何百万もする車は…そんな状況で作られる

そんな非正規労働者達が日本経済を支えている…威張っている政治家よりよっぽど偉いと感じる。

日本は、経済最優先の切り捨て社会…
でも、こんな非正規労働者生活だが秘書よりずっと楽だ。人権もね…

自民の女性議員の「ハゲ〜〜〜〜〜」が世間を騒がせたが…あんなの普通だ普通

私は政治家が嫌い

政治家は皆、期間工を経験した方がいいんじゃね。選挙があるたびにTVを見るたび「お前らが何を知ってんだ…」と沸き上がる心の声

東京都議選のTVを見ながら虫唾が走る7月2日の夜だった…。

 

◇月いちリレーエッセイ◇    長崎を巡礼する旅 高田 緑

15年以上前、長崎を旅したことがある。
長崎の街には路面電車が走り、どこへ行くにも便利だった。浦上教会の朝6時のミサに与り、原爆投下地の平和記念公園と長崎原爆資料館へ行った。永井博士の奥様の緑さんが、最後まで握りしめていたという溶けたロザリオを目にしたときの震えるような心の痛みを今も覚えている。
6月下旬の長崎は蒸し暑かった。急な坂道を登って、西坂町にある「二十六聖人殉教の地」に立ち、聖フィリポ西坂カトリック教会の聖堂にも行った。そこは、私が洗礼を授かるきっかけを与えてくれた神父様が東京から赴任した教会だった。
国宝となり、今では観光地となっている大浦天主堂にも行った。聖堂入り口にある純白のマリア像は、キリシタン弾圧に耐えて信仰を守った信徒が発見されたことが世界にも伝わり、幕末の慶応元年にフランスから贈られたマリア像だ。
小説「沈黙」の舞台とされたという、黒崎教会に行くのも旅の目的のひとつだった。海辺の町にある教会は、長崎駅から海岸沿いをバスに揺られて行った。今は、映画「沈黙」で知る人が多くなったようだが、当時は、そこでバスを降りたのは私ひとり。司祭館の神父様に挨拶してから聖堂内でお祈りさせてもらった。レンガ作りの教会は、信徒が積み上げて作ったと云われている。草むらに隠れキリシタンが覗いているかのような、潮風の音だけを感じる、そんな静寂の風景の中にある教会だった。
その先にある遠藤周作文学館の碑文が、私の巡礼の旅の全てだったように思える。

人間がこんなに哀しいのに
主よ
海があまりにも蒼いのです
(遠藤周作文学館 碑文より)

カトリック黒崎教会 (撮影:高田緑)

カトリック黒崎教会
(撮影:高田緑)

私がカメラに納めたもの Yoneda hiroshi


FB_IMG_1495090643287

ベルトガイストのライター 米田です。
群馬の工場で出稼ぎしてます。

久しぶりの投稿になりますね
12月に群馬の自動車工場に職をかえたばかりで
なかなか忙しく。。と言い訳しておきます

仕事にもなれてきて、ちょっと余裕ができて
この2ヵ月間は、様々な場所に行き写真を撮ってきました。

カメラは19800円で中古。。。

編集はスマホ。。。

で申し訳ないのですが

ライターとして、記録として
ここに残します。

この他にも
藤の花、戦争の遺構、福島
いっぱい撮りすぎてしまい
文も写真の編集も追いつかず。。。
少しづつ投稿でればと思っています。

今回は動画のみの投稿

今後ともヴェルトガイストFUKUSIMAをよろしくお願いします。

上の写真は期間従業員の寮の部屋から見える風景…群馬の工場地帯に電気を送るための送電線で福島第一原発につながってます
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

カメラの望遠の倍率を少しづつ変えた写真をつなぎあわせてみました。

 

初めて機関車にのる

 

チェルノブイリと福島を撮り続ける写真家  中筋 純さんの写真展の様子です

 

今年は桜の写真を4000枚は撮りました

 

GWに避難解除されたばかりの飯舘村にいって来ました。人がいなくなって美しさが倍増したと友人がいいます。
本当に美しい村です…ゆえに悲しい村です……

 

中筋 純さんの写真展が埼玉の飯能市で開催された時に納めたものです

イベントで朗読会がおこなわれ
歌人、詩人、写真家のそれぞれの感性が合わさり
悲しみ…怒り…優しさ
心打たれました

2017年3月31日 酒井 政秋

2017年3月31日

帰還困難区域を除き避難指示が解除された。

わたしは故郷の”その時”を感じたくて、飯舘村に向かった。

飯舘村に入った県道12号線(福島市ー南相馬市を結ぶ県道)には黄色の幟旗が掲げてあった。幟旗には「避難指示解除」と「おかげさまで」と書かれていた。

その姿は異様に感じた。いつか感じた光景とダブった。それは、除染が始まったときに、「除染作業中」の幟旗とこの異様な感覚が似ていた。

「これが…飯舘村⁈」おもわず一人車中で呟いた。

運転中の足が震えた。途中車を止めて、深呼吸。

なにか悪い夢を見ているような感覚になった。

これも現実だと自分の心に受け止めるまでに、時間がかかった。

今、村政は狂っている。素直にそう思った。

飯舘村は自主自立で、あるものを活かし、つつましく丁寧に心をこめて、村政をやってきた村ではなかったのか⁈

復興予算は適切に使われているのだろうか⁈

疑いたくなる光景を目の当たりにした。

これから飯舘村の未来はどうなるんだろう。

真の問題解決しないままに、この村は何を目指して生き残っていくのだろうか?

自分の心に様々な感情がうごめいている。

今日、はっきりわかったことは、「この村に帰らないんだな俺は。」ということだった。

それも受け止めながら明日を生きなければならない。

幟旗