極私的震災レポート  熊本2017~熊本市内編  伊藤千惠

阿蘇編より続く

熊本市内は、昨年ゴールデンウィークの火が消えたような状況から一転して、商店街はすっかり活気が戻り、応急危険度判定の赤紙の貼られていた建物は修復・改修されたり、解体されて更地になっていたり。

2016kuma

熊本市中央区春荘寺(2106年5月撮影)   春荘寺は、明治以前の農業のかたわら皮革処理に携わった人たちが信仰の中心として建設した春竹説教所であった。

kuma01

ゆがんだサッシ窓は取り替えられ、壁面がきれいになり前面の柱を支えていたつっかい棒もなくなった春荘寺。(2017年6月撮影)

kuma02

市民からの寄付を募る      春荘寺はかなり復旧されていたが、すぐ近くの辛崎神社はつっかい棒のままだった。日吉神社の摂社である唐崎(辛崎)神社は、肥後国では被差別地域にのみ存在が確認できるという。

が、ブルーシートがかかったまま、壊れたまま人が住んでいたり、あるいは放置されている家屋が存在していた。解体や施工業者の不足で、最近やっと修復にかかる家が多いという兄の話。復旧の見通しがたたない寺社も多くあるようだ。(西日本新聞

熊本で見たローカルュースでは、仮設住宅に住む1万9千人に対しての意向調査で約3割が住宅再建のめどがたっていないと報じていた。(2017年5月末時点での仮設住宅入居者数は約4万5千人)
県は仮設入居期間の延長を国に要望しているようだ。相談窓口を設けているが、市内で見かけたような修理しないまま住んでいる家が気かがりである。

昨年のボランティアセンターが設置されていた辛島公園からほど近い熊本城のまわりを歩く。
石垣や櫓の崩れた箇所に安全対策工を施したあと、はじめて復旧工事がはじまる。城内は入れないが外から見物する人のために、工事フェンスに復旧の様子を撮影したパネルを貼りだしてある。隣接する熊本城公園には休憩所が設けられ、ビデオや説明パネルが展示してあり、説明員も何人か常駐している。

kuma03

 

2016kumashiro

倒壊した五間櫓付近(2016年5月撮影)

kuma06

崩れた石垣をていねいに仕分けして安全な場所に移し、崩壊箇所にモルタルでの安全対策工が終わったところ(2017年6月撮影)

kuma07

遺跡の発掘作業のように仕分けされた石垣(2017年6月撮影)

まずお城より市民の生活復旧が最優先であることは当然のこと。パンフレットにもそううたってある。けれども、熊本の人は熊本城をわが城のように思っている。移封されてきたにもかかわらず、熊本城を築城した加藤清正が大好きである。
象徴とはこういうことを言うのだろう。

震災一年後の熊本は、阿蘇でも熊本城でも県外、海外からの観光客がかなりみられた。南阿蘇村では、阿蘇大橋や断層や地割れ箇所などを震災遺構として保存するという。(熊本日日新聞

今回行けなかった益城町や西原村、南阿蘇村の被災した家屋は、まだこれから復旧というところも多く、支援も必要であろう。

極私的震災レポート  熊本2017~阿蘇編  伊藤千惠

2016年4月14日に発生した熊本地震から1年あまりたった。
震災直後のゴールデンウィークに、熊本へボランティアがてら実家や家族の様子を見るため帰郷したが、そのときのレポートは、冊子「ヴェルトガイスト・フクシマ2016年夏号(通巻6号)」に掲載した。
今回は、奇しくも東日本大震災の起きた2011年の6月に他界した父の7回忌のために帰郷。阿蘇に一泊し、法事のあと、熊本市内の昨年歩いたところを見てまわった。

被害の大きかった南阿蘇村の宿泊施設は再開していないところが多く、今回は阿蘇の内輪山をはさんで北側にある乙姫地区の温泉民宿に宿泊することにした。

鉄道はJR豊肥線、南阿蘇鉄道ともに一部不通。
道路は阿蘇大橋の崩落部分を迂回するルートのため、かなり渋滞しているように感じる。工事車両が多いせいもあるのだろう。

熊本空港から阿蘇を経由して大分へ向かう長距離バスは、平日ながら、補助席を使うほど混み、阿蘇で降りる観光客も何組かいた。

阿蘇駅から見た阿蘇五岳、往生岳か?

JR豊肥線は肥後大津駅から阿蘇駅まで不通だが、阿蘇駅より大分側は運転再開したため、駅前は列車を待つ人や道の駅で買い物をする人たちが三々五々。

阿蘇駅から乙姫の宿まで歩く。
目の前に広がる田園風景に、地元の生活はもとに戻ったように見える。しかし、よく見ると斜めにかしいだ電柱や

阿蘇市黒川地区

阿蘇市黒川地区

豊肥線のレールが曲がっていたり

JR豊肥線内牧~阿蘇駅間

JR豊肥線内牧~阿蘇駅間

レールが浮いてしまっていたり

JR豊肥線内牧~阿蘇駅間

JR豊肥線内牧~阿蘇駅間

これは川に土砂が堆積して、まるで道のようになっており、本来の河道はずっと下にある。少し下流側に土砂を取り除く工事看板があった。

乙姫地区を流れる小さな川

乙姫地区を流れる小さな川

いまだ復旧に時間がかかることは見てとれる。

乙姫の温泉民宿は非常に快適な施設で、平日にもかかわらず数組の客が家族風呂を楽しんでいた。宿のご主人は、JR不通のため私たちのようにバスで来るお客さんも多いですよと。

aso05

民宿の看板犬、チャック君

山や塚が近く遠くに存在する阿蘇はとても気持ちのいいところだ。活火山ではあるし、たびたびの洪水や昨年の地震など自然災害が多くはあるが、今回、6~7キロ歩いてみてあらためて良さを実感した。
正直なところ、小中学校を通じて毎年のように阿蘇には連れて行かれていたが、特別な感懐を持っていなかった。近くにいて何もわかろうとしなかった盆暗である。

熊本市編に続く

 

福島&チェルノブイリ写真展(感想、わたしの場合)吉田博子

 
 
  
中筋純さんの写真展「流転」福島・チェルノブイリ
福島展 が、今日から始まりました。(福島テレサ4階)

流転リーフ2
中筋純さんとは夫と共に飲食や旅をご一緒し、
ありがたき豊富な体験から学ばせてもらったり……と、
日頃から大変お世話になっている先輩です。
寛容で誰にでもフランクに接してくれるので話しやすく
仲間内でも後輩思いで知られる純さんは、わたしたち夫婦、
また、ヴェルトガイスト・フクシマのライター陣にとっても
お兄ちゃんのような存在です。
  
  
☆ 感想 わたしの場合 ☆
中筋純さんの写真から「温度」を感じます。


本来冷たい場所のはずですが、
光や、命の輝きに暖かさを感じます。
(郡山)会場にいて、
展示されている写真を見てホンモノの窓だと錯覚し
差し込む光に吸い込まれそうになりました。


特に右下の風景(↓)からは冷たさを感じます。
今でも、いつでも思い出すだけで凍えることができます。
そこは極陰の世界……
「身の毛もよだつ」 「ゾッとする」のです。
サーモグラフィー検査をしたらきっと、
わたしの体温が下がる場面を目撃することでしょう。

チェルノブイリ

チェルノブイリ


  
ご覧になったみなさんも、
みなさんなりの体感、感想が湧き出して然りで、
それは感動から出てくる感覚ですよね。
共有できたら嬉しいです。

今日から20日まで、福島テルサ4階です。
  
  

7年目の原発事故避難生活(第1章)~村民の声2017~ 酒井政秋

第1章)村民の声2017

わたしは2012年~2014年まで「飯舘村の1人1人の想い~伝えたいメッセージ~」(HP:https://iitatemessege.jimdo.com/ )を運営していた。これは、事故後、各仮設住宅の傾聴を始めていくうちに一人ひとりがちゃんと自分の意見や想いがありながらも口にすることができず、一人ひとりが苦しみを抱えていた。なぜこの声が村・県・国には届かないのだろうと…もどかしい気持ちでいた。村民一人ひとりの「声」は大切な声なのに…と。わたしは当時政治家にお会いする機会や行政区説明会などが頻繁にあったのでその大切な声を伝えていこうと思った。実際に相馬仮設住宅の不備などを役場担当職員に要望してきたこともあった。月日は流れ関心が薄れつつある県外の人たちにもこの想いを知り村民一人ひとりが、どんな状況にあるのかを想像して欲しいと思うようになり、ホームページ開設とSNSで専用ページ(現在閉鎖)を作成して公開してきた。

あれから早3年、わたし自身も色々と忙しくなり、中々思うように‟伝える活動”さえも出来ない状況になっていた。

そこで今回、原発事故7年目・3月末避難指示解除(帰還困難区域を除く)を迎えるにあたって村民は何を思い、どんな心情で日々を送っているのだろうか。1度限りの復活として、何名かの村民にご協力してもらい質問用紙にて声を聴かせてもらった。回答(順不同)を原文そのまま伝えていくことにする。

それぞれの考えや思いは村民一人ひとりで変わる。そして、その気持ちは6年間、波のように情報や状況や環境で揺れ動いていることをご理解いただきながら読んでほしいと切に願う。

撮影ー筆者 飯舘村の夕焼け

撮影ー筆者 飯舘村の夕焼け

 

①震災・原発事故から7年目になるわけですが、あなたは今、どのような心境ですか?
(例えば、悩みや不安、怒り、将来への展望など、書ける範囲で字数には制限ありませんので、ご自由にお書きください。)

・家族が笑って暮らせればそれでいい、3月から新しい職場での仕事が(スムーズに)務まるか不安、部落での役割と責任が増していくのが負担、子どもが福島市の高校に入るので「いじめ」られないか不安。              (40代 男性)

・飯舘村には、あと10年以上戻らないと決めている。その先戻るかは、その時になってみないとわからない。飯舘村は、生まれ育った故郷。それでいい。これからの人生が大事だから、生活する場所にこだわる必要はないと考えている。原子力発電所がまだ不安定な状態なので、地震等の災害が来たら、行く先は決めていないが、すぐに逃げる覚悟はいつも持っている。                 (40代 男性)

・ストレスが富士の山よりも高く積もりました。         (80代 女性)

・避難先での生活としては長い年月が経ったのだなと思います。小学1年生の子供たちが、中学生になるほどの年月です。しかし、子供から高齢者の老若男女が、生活していけるような村になるという意味では、まだまだ短すぎる年月だと思います。山林の除染も何とかしてほしいと思います。自然と共に飯舘村の暮らしがありました。仮に除染をしても、元の暮らしが出来るとは思えないのが、正直なところですが…。100年、200年、300年経って、子供たちが何の不安も無しに、山や川など、外で楽しく遊べる日が来ることを願ってやみません。私は、飯舘村の写真を撮っているので、避難指示解除後、村に戻って精力的に活動している方や住民などにスポットをあてた写真も撮りたいと考えています。            (20代 男性)

・子供たちを自分と同じような環境で育てられない、地域社会の中で育てられない、そしてそれらを諦めてしまっていることを時折辛く感じる。別の場所に移り住んでそういう環境づくりをすればいいのだけれど、それでは地元に帰れなくなる。                (30代 男性)

②2017年3月末日で飯舘村が避難指示解除になりますが、まず、はじめにあなたは飯舘村に帰村しますか?それとも新天地で生活を継続していきますか?

《帰村するを選んだ方》

・村の指示に基づいて村に帰ります。飯舘村の自然と共に土で生きた人生でした。いのちの終焉は飯舘村の「土」になる覚悟で生きていきたいと思っています。

(80代 女性)

・いずれ帰村をする。そして、村での仕事をする。農地を守る。地域社会を守る。子供たちにつなげるかどうかは自分たち次第だと思う。       (30代 男性)

《新天地での生活継続を選んだ方》

・新天地に家を建てるので当面は新天地で生活していきますが、飯舘にも家を建て直すので、いずれは帰村するかもしれない・・・わからない。    (40代 男性)

・帰村しない。当分は、避難先で生活する。その後は、妻と一緒に永住できるような土地を探し、小さな家を建てる。
汚染された土地、フレコンバックがある風景。
そんなところに子供を連れて戻りたくない。
飯舘村は、まだ、元に戻る途中の状態である。まだまだ時間がかかる。

(40代 男性)

・まだ、帰りたいと思える場所ではないため。家族と一緒に新天地で暮らすことにした為。放射性物質、汚染の心配。避難先での生活の基盤が出来てきている中、早々に帰るメリットや理由が見いだせない。              (20代 男性)

・今は避難してからの生活が定着していて、現在の飯舘村で生活していけるのか?を考えると不安が多くあり(病院・買い物などのインフラ・放射能・フレコンバックなど)現時点では帰らないと決めて新天地で生活していきたいと考えています。   (40代 女性)

③避難指示解除について今のあなたの心境をお聞かせください。
・帰りたい方々が自宅や地域で過ごすことができて、大変良かったと思う。

(30代 男性)

・まず、避難指示解除の方針が示された時に思ったのは、「なんで?早すぎる」でした。その思いは、今でもまったく変わりません。そして、方針を知った村民の方たちの反応を見て、「こういう風になったのか」と思いました。避難指示が解除されたからといって、みんながやっと帰れるということではないんだな。
帰りたいけど帰れないんだな。
仕方なく帰るしかないんだな。
帰る気はないから帰らないんだな。
帰れるところじゃないから帰らないんだな。
帰っても、どう生活していくのか、何が出来るのか。
避難先での生活の基盤ができている方も多いと思います。
放射線量、汚染、単純にそれだけの問題ではないのが現状だと思います。

(20代 男性)

・避難指示になったときから、いつかは解除するとは思っていましたが、現況だと安心して帰れる状態ではないと思います。             (40代 女性)

・安心して村で生きる事への対応を!!とても不安に感じています。(80代 女性)

・仕方ないと思う。                      (40代 男性)

・汚染土が入ったフレコンバックが至る所にある状態で、避難指示が解除されることは到底許されるべきことではない。時の政府、県、村が責任不在のまま、自分たちの思いのまま決めているに過ぎない。そこに、避難している村民の声など反映されていない。村長選挙で今の村長が選ばれてしまったことに残念さ、無念さを感じる。

(40代 男性)

④今の行政に対してあなたが今、感じている事・思う事をご自由にお書きください。
・聴く耳、聴く場、伝えようとする場を持たない村なんて、本当の飯舘村じゃない!本当の飯舘村は村民の夢や将来、仕事継続等に向かってサポートする裏方!(村政が村民より)全面に出てどうする。誰がついていくのか?勝手にやってろと言われても、しょうがない。                      (40代 男性)

・村内での学校再開も、やはり本当にそれで良いものかと疑問です。
通学する際、子供を乗せた車やバスで、フレコンバッグが置かれているすぐ横を通り過ぎる。こんなことはあってほしくありませんし、とても悲しいことです。

(20代 男性)

・もう少し早い段階で村民からの意見に耳を傾け、話し合いをすれば、村民が知恵を出し合い、協調しながら解除に向けて準備ができたように思います。村政は、村民の為ではなく、「飯舘村」という名前だけ残ればいいように思えてなりません。

(40代 女性)

・役場職員のテンションは上がらないだろうが、前向きに頑張ってほしい。見る人は見ているから。応援・共同できるところはしていきたい。     (40代 男性)

・村職員の方々は大変忙しいのではないかと感じる。行政も続けられる体制でいてもらいたい。                          (30代 男性)

⑤さいごに上記の質問事項以外で何か伝えたいことがあれば、ご自由にお書きください。

・個々が懸命に生きていけば、それで良い。それぞれが家族を守りながら楽しく元気に暮らしていく事。行政には期待もしていないが、文句も全くない。大変だろうなと思う。俺にはできない。                    (40代 男性)

・村内で保護されている犬もこれから先どうなっていくか、気になるところです。
お世話してくださっている方の優しさとご苦労、そして、村内をパトロールされている方々、除染作業員の方々へ、感謝の気持ちでいっぱいの思いです。(20代 男性)

・誰も責任を取るつもりのないまま、ことが進んでいる。
飯舘村にこの先10年戻らない。飯舘村がどうなろうと構わないと思えれば楽なのだが、今の飯舘村のやり方を見ていると、どうしても我慢ならない。
我慢を抑えて生活しているとストレスがたまり、自分がダメになってしまうので、思うままに言い、思うままに行動するんだー!という気持ちで生きていきたい。

(40代 男性)

・高齢者が終の場所として選択した・・・村・国は安全、安心(人間が最低限度生活していく為に)をどう対応されるのか・・・?種々の角度から情報を頂いていきたいと思っております。私たちも村民として(自立・自律)と共生!!を常に心して生きていきたいと思っております。                  (80代 女性)

撮影ー筆者 2017年2月 飯舘村

撮影ー筆者 2017年2月 飯舘村

おわりにご協力いただいた村民の皆様に感謝をしたい。

この6年で村民の「声」はより重く響いてくる。

そして、言葉の裏にこれまで歩んできた平坦ではない道のりがどれほど険しかったことだろう…。

それぞれの苦渋の決断が迫られている。

 

 

土地が人を育ててきた文化を壊した…原発事故 米田ひろし

2016-11-06-22-59-06_deco

「飯館村の母ちゃんたち 土とともに」の映画上映会とシンポジウムが11/8㈯に一橋大学で行われた。https://www.facebook.com/fukuima2013/

「飯館村の母ちゃんたち 土とともに」http://www.iitate-mother.com(HP)

飯舘村には、土地を先祖から受け継ぎ、そこで作物を作り育てる。作物が育つ「土」を作るのには長い年月がかかる。「土」の大切さを知る土地が育てた文化があると主人公である榮子さんは言う。

我が家から見える野手上山

【飯舘村の酒井さんの自宅から見える風景】

 

5年も続く避難生活…

飯館村に帰っては、家に、植物達に、土地に…

守ってあげられない世話できない気持ちからだろうか「詫びることばかりだ…ごめんね、ごめんね」と謝る榮子さん。

「ここがいちばん心安らぐ場所だった…この山なみを見ながら一生をおわりたかった」

「いずれ子供が孫の誰かが戻ってきてくれる。でも、選択する自由があるから遺言は書かん」

村民にとって、本当に飯舘は大切な所なんだろうな

旦那さんを原発事故の9ヵ月前に、義理の母親を原発事故の1カ月前に亡くし…

息子さんが農業を継ぎ、これからという時に原発事故…大切な先祖から受け継いできた土地まで失った

お友達の芳子さんがとなりに引っ越ししてくるまでは、部屋に閉じこもりがちだったという榮子さん…笑顔に隠されたものが多くある

避難生活が5年の歳月が過ぎた…

2016-11-05-20-45-03_deco

2016-11-05-20-49-58_deco2016-11-05-20-43-20_deco

2016-11-06-23-27-31_deco

「飯館村の母ちゃんたち 土とともに」上映後のシンポジウムに、この映画の古居監督とともに登壇したWELTGEIST FUKUSHIMAライターの酒井政秋さん

放射性物質は飯館村・福島の地からは、まだまだ消えない…

2016-11-05-20-46-18_deco

飯館村・福島の問題は、福島・飯舘村だけにとどめずに日本全国の問題として

現代を生きる者同士で未来を考えていきたい

落胆したり…絶望したり…涙したり

怒りで夜が眠れなかったり

悔しいと唇を噛み締めたり

怒りを通り越して笑ったり…

様々な感情を味わった5年。

故郷が汚染されたことは寝ても覚めても変わらない…

2016-11-05-20-44-14_deco

当事者が生の声で話せる場があるということはありがたいと思います。喪ったものを埋めるように人々の出会いがあったことに感謝していますという前向きな言葉も

「放射能で汚染され、ふるさとを失うということを少しでいいから想像してくださいイメージしてみてください」

そういう事を想像しながら、この映画を見て頂きたい。

この映画が多くの人に届くことを望む

fb_img_1478443171208

この写真は「民の声新聞」の鈴木さんよりお借りしました。ぜひ、こちもご拝読ください。

「民の声新聞」

https://www.facebook.com/taminokoe/

民の声新聞「仮設での収穫祭」

http://taminokoeshimbun.blog.fc2.com/blog-entry-74.html