吉田 邦吉

吉田 邦吉 について

CHIEF EDITOR ▼Yoshida Kuniyoshi / 1981年1月大熊町生まれの原発避難者。中大法卒、2000年より塾長。2013年4月、赤坂憲雄の活動のもと文の道へ、2014年9月22日に卒業同日、「WELTGEIST FUKUSHIMA」で独立し出版事業を開始。エッセイで致知出版大坪社長特別賞。会津民俗学研究会員、書籍編集長、雑誌共同執筆、講演、対談、私設図書館「ふくしま本の森」での読書普及などを行っている。facebook / website / Amazon▼ Essayist. Nuclear evacuee. Independent publisher. Majored in law. Private school. Essay prize. Speeches and Talks at prefectual Museums etc. Like learning languages.

ウェブ言論の冷戦構造的な枠組みから離脱する。吉田邦吉

 福島のネット世論に関して、今どのような状況が見えるだろう。

 1、押し付け安全
 2、押し付け危険

 こういったことが盛んなテーマになっていると思われる。それはいわば、太平洋戦争が終わってからの、「右と左」などに少なくとも70年間は縛られていることを意味し、その「政治的な枠組み」にはまらないと、まったく見られない現実が続く。無関心が増える原因でもあろう。

 沖縄で言えばこうなる。

 1、押し付け基地トピック
 2、押し付け観光トピック

 基地に関することだけ。そればかりしか見ていない本土の人々。逆に、観光しか見ていない本土の人々。どちらもこの1と2に該当する気がしている。しかし沖縄に約2か月アパートを借りて買い出しして自炊して思ったのは、基地のことと文化的なことと両方というか、多様だった。

 わたしは「悲しみを見続けよう」と言ってきたし今もそのスタンスは変わってないのは、公平でない状況があるからバランスをとるためだ。バランスがとれていれば、悲しみを見続けようとわざわざ言う必要がない。国政も似たようなものだ。なんでも偏り過ぎている。

 しかしネット世論が言う「福島の声」が1や2であれば、それはどちらも視点として間違いだ。事実としてイジメも助長してしまうだろう。そもそも悲しみを観ることは1でも2でもなく「人類としての共感文化、成熟」だとわたしは自分で思っている。

 永久に死ぬまでその対決コロシアムで汚い言葉を浴びせられ続ける傷だらけの軍鶏(しゃも)とか、好く言えばグラディエイターでは、実際のところ生活に支障をきたして困るだろう。そのように不毛な人間消費社会を「ウェブ社会の冷戦構造」と名付けたい。

 今年の始め、「スパルタカス(Spartacus – Starz)」というDVDを観ていた。震災前からスパルタカス自体は観ていた。そのシリーズ化がなされた新しいバージョンだ。闘技場で、足かせをつけられた奴隷として剣闘士をさせられていた彼らは大体このように言っていた。

 登場人物A「グラディエイターしか生きる道はない」
 登場人物B「勝って自由になるんだ」

 勝つと報奨金が出るため、奴隷の身分を自分で買うことができ、自由の身分になれるからだ。そもそも奴隷の身分になった原因は、太平洋戦争と同じく「敗戦」であった。その後、奴隷全体が自由になろうとして戦争を企て、闘えない者たちは逃げ惑わせられる。

 言論は対立構造によって新しいものを見出していく面があるから、福島や沖縄の対決構造は一種、不可避でもあったのだろうが、いつまでもそれが「隣人同士の争い」だと人の生命は持たない。「巨大な分断」も経験しつつ、気持ちとしてほとんどがBの「自由」へ進んでいった。

 言論と争いは違うもの。友達と遊んだり恋愛したり文化を愉むことのあいまに、脱原発など問題解決のプロセスがあっても良い。ぼくらは生きて、人生がある。だからこそ、もう一度「ヴェルトガイスト・フクシマの趣旨」を言いたい。

 すくなくとも次の者だ。

3、文化共有や個性の実現

 なぜかどこか「癒される」方向へ歩いていきたい。わたしたちには「名前」がある。被災者とか福島県民とかいう名前で生きていきたくはない。一人一人に個性がある。つまり、逆に、観る側の人達をもわたしたちは観ている。尊重し合える関係か、否か。

 いま、政治的な物言いしか見られない闘技場のような関係があれば断ち切って良い。一人一人が文化共有で癒され、競争社会ではない何かを築き上げていってこそ自らに打ち勝ち、政治的拘束から解き放たれ、「自由市民」たりえるのではなかろうか。そう信じていたい。

茜さす浜街道に朧月 吉田邦吉

 七年目の霜月いつもながら少し肌寒い浜街道沿いの平を歩いていた。あれからあれがなんだったのかと考えさせられる想いを広々としてどこまでも青く透き通った空へ見上げ、何度でも送らせていただく。地震の爪痕が修復された古い塀に残り、わずかに記憶が染みだしている。

 青天に霹靂あれど何ら返事はなく、夏には新聞紙とちくわと糸で釣れるザリガニもいる疎水を抱く道に敷き詰められた砂利が、しまむら和ものつっかけに撫でられて転がる。コンビニの女性が笑顔で接客していた。セブンイレブンのレーズンサンドがうまい。テレビが言うに何もない世界が見えるウルルは登山禁止になる。

 所用を終え出先の自動ドアを抜けると日が沈んでいた。朧月が茜さす空に夕と闇を交歓していた下界では、渋滞のなかを縫うように歩くカップルの向かい側にてコリー犬とシベリアンハスキーが交じったような立派な白黒ワンコが小さな家のもっと小さな犬小屋の前。

 胸を張り留守番していると見えて運命を思った。

各種イベントのお知らせ

各種イベントのお知らせ


天井優志
23561691_1503654133059802_8815102657646535277_n

みんなで映画や地域などについて気軽に話す会
第0回「ムビチャト」

15:30〜17:39 『彼女の人生は間違いじゃない』上映
17:40〜18:10 映画と地域としゃべろう!ムビチャト

トークに出演

Facebookにてイベントページ
(詳細 https://www.facebook.com/events/1968286913427621/

公式サイト
http://gaga.ne.jp/kanojo/

あまや座
那珂市瓜連1243
029-212-7531


酒井政秋
酒井政秋

酒井政秋

オープンフォーラム
「3.11以降の日本〜原発を取り巻く様々な立場から、それぞれの“願い”を聞く」 

 2017年10月13日の夜7時から
 東京都品川区にて酒井政秋さんがご出演です。

 「本当の民主主義」とは、どのようなものでしょうか。飯舘村での惨憺たる体験から語られるナマの言葉には、たいへん重要なものがあるでしょう。耳を傾けたいと思います。

 関係者の皆様に御礼申し上げます。
 会場:日本プロセスワークセンター

詳細:
http://peatix.com/event/266991

日本プロセスワークセンターホームページ
http://jpwc.or.jp



吉田邦吉
無題111

●来場者20万人超過
【横浜トリエンナーレ】

 2017年10月9日の午後より、アイスランドの芸術家Olafur Eliasson(オラファー・エリアソン)さんの作品を通して、横浜美術館に吉田邦吉が出演することになりました。横浜と福島は共通項も多々あります。

 普段からお世話になっている福島県立博物館専門学芸員の川延安直さんと福島県立博物館主任学芸員の小林めぐみさんとともに出られることは、吉田にとって大変名誉なことです。

 AAR Japan[難民を助ける会]プログラム・マネージャーである穗積武寛さんのお話を聞けることは、東北福島の私達にとって、大変な学びになるでしょう。

 来場くださった皆様とのワークショップも楽しみにしております。ほかのイベントを見ると、定員はすぐ埋まっているようなのでお早目のお申込みをよろしくお願いいたします。

 横浜美術館学芸員の皆様はじめ関係者の皆様に御礼申し上げます。

詳細
http://yokohamatriennale.jp/2017/event/2017/09/event50.html
詳細2
http://www.yokohamatriennale.jp/archive/2017/artist/index.html



吉田邦吉
ふくしま本の森図書館読書会

ふくしま本の森図書館読書会

 みんなの好きな絵本を選んで語りましょう。
 今回の「ふくしま本の森」読書会のテーマは「絵本」です。読書部の担当は、話し手の伊藤由貴さん、話し手の赤坂憲雄さん、司会・選定人の吉田邦吉です。ご質問あれば何でも聞いてください。
ーーー
Favorite picture books of everyone.
Let’s choose and talk.
Ito Yuki, Akasaka Norio, Yoshida Kuniyoshi who are in charge of “The Reading Department” at “Fukushima Book Forest(ふくしま本の森).” Feel free to ask me any questions.
ーーー
 月日が経つのは早いものですね。
 昨年から続け、総計では4回目になります。
 オープンでは2回目になります。

 ホッと一息、しませんか。

ふくしま本の森ホームページ



(以下、過去のイベント)

米田 博
 2017年9月16日ポレポレ坐にて、福島映像祭が開かれ、米田博さんのスライドショーが選ばれました。米田博さんのトークも開催されました。関係者の皆様に御礼申し上げます。詳細(http://fukushimavoice.net/2017/08/2628)。

 スライドショー
 「私が見た・・・福島」
https://www.facebook.com/hiroshi.yoneda3/posts/1421955937922893
(2017年/10分/制作:米田博)2015年の7月に福島へ足を運び、2年間、撮りためた写真をスライドショーにまとめた。極私的な視点で切り取られた福島の風景を、トークを交えながら紹介する。



吉田邦吉

ヒジノワ2017年6月イベント

ヒジノワ2017年6月イベント

2017年6月に開催されました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
対談「都市生活者の原発、避難者の原発」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ヒジノワホームルーム第6回として開催した対談の記録が、ようやくまとまりまして地域編集室ウェブサイトにて、PDFを公開しました。『ヴェルトガイスト・フクシマ』編集長の吉田邦吉さん、環境デザイナーの廣瀬俊介さん、おふたりの対談記録には「見出し」をつけさせていただいています。

⒈ 違和感と批判から始まった
⒉ 共通理解のベースをつくる。
⒊ フクシマという「世界精神」を。
⒋ 正しく怒ることで世界は変わるか。
⒌ 狩猟採取民族の感受性で。
⒍ 原発は「科学」の問題なのか。
⒎ 震災後に問う、わたしたち人間の資本
⒏ WELTGEIST FUKUSHIMA–やわらかなクサノネ

 いかがでしょうか。
 この対談の「奥行き」を感じていただけるかと思います。
 お時間ありますときに、ぜひ、お読みください。

詳細 地域編集室 蓑田理香事務所

6_ヒジノワホームルーム第6回の記録「都市生活者の原発、避難者の原発」

栃木県益子町cafe & space「ヒジノワ」のホームページ
http://hijinowa.net

※以上、昨年まで過去のものは掲載していません。

新刊(通巻11号)の発売開始2017年9月

春夏合併号(通巻11号)
2017年9月30日発売「境界を越える旅」
40頁、定価550円 ISSN 2189-4639

総合雑誌WELTGEIST FUKUSHIMA春夏合併・全体号(通巻11号)表紙デザイン:天井優志 発行:吉田邦吉(定価550円)

総合雑誌WELTGEIST FUKUSHIMA春夏合併・全体号(通巻11号)表紙デザイン:天井優志 発行:吉田邦吉(定価550円)

解説
 境界とは、なにか。たとえば隣同士の境目のことである。この一線は、物理的なものから観念的なものまで、習俗、文化、さまざまにあり得る。境目のようなものが、さまざまにあれば、いろいろなことが当然にも、さまざまに派生しえるだろう。そもそも言葉とは連続した世界を切り取り、物事をくくり、名前をつけることであるが、カテゴライズとは良いのか悪いのか、一長一短であろう。その相対化をやんわりと試みる本書は、読む人によってこれまたいろんな解釈や受け取りかたがあるのかもしれない。今回は二度目の掲載となるお二人、山川さんと星野さんにご寄稿いただいたことと、新人の津田枝里子さんの初原稿があることにも、ぜひともご注目いただければ幸甚に存ずる。構成は、自由記事⇒特集であり、いつもとは逆にしてある。

著者
津田枝里子
星野 藍
山川 貢
柴田慶子
酒井政秋
米田 博
高田 緑
伊藤千惠
吉田博子
吉田邦吉

編集部
表紙・裏表紙デザイン:天井優志
編集者:伊藤千惠
編集者・総務:吉田博子
編集発行:吉田邦吉

ーーー

定価550円

・注文方法
「お手紙を送る」より以下を送ってください。

1、送り先 2、氏名 3、冊数

・送料(スマートレター・ゆうメール [旧冊子小包] )

スマートレター
1~5冊まで180円

※送料はあくまで指針です。60ページのもあれば40未満のもあり、文字組がハーフサイズの単行本なみに大量に入ってる組もあり(定価が違うのはこのためです)、場合によって少し変わることもありますので、注文を受けてから計測し、ご連絡いたしております。

※送料を、定価×冊数に追加してお振込ください。

・振込先

ゆうちょ 18280 27500011 ヨシダ クニヨシ

・他行からの振り込み先

店名 八二八(ハチニハチ)
店番 828
預金種目 普通預金
口座番号2750001

※わたし吉田のフェイスブックへのご連絡でもありがとうございます。
前にご注文くださったかたはご連絡一本で発送いたします。

心よりありがとうございます。
歩みは遅くとも続けていく所存です。
何卒よろしくお願い致します

愛しいフクシマを創造しよう 吉田邦吉

 ヴェルトガイスト・フクシマは正式には「WELTGEIST FUKUSHIMA」で登録されている刊行物です。ドイツ語なので、Wのところを英語のVとして発音します。読み仮名は、「ヴェルトガイスト・フクシマ」であります。

 しばしば取沙汰される「フクシマ」という言葉について思うことがあります。わたしは「フクシマ」という言葉を憎悪表現だとは思っていません。これだけ騒がれたフクシマは、得体の知れぬ放射能で汚されたという意味合いを持つと思われることから毛嫌いされたりしました。現に今もそう思う人達は居るようです。

 しかしそれは、ヨコハマと同じカタカナであり、わたしにとって愛しいフクシマであります。細やかで繊細な、ただの小さな個人の悲しみが、歴史が、思い出が、暮らしが、大自然が、動物が、そしてそれらが汚染されたり奪われたりした艱難辛苦(かんなんしんく)が、凝縮されています。大事なフクシマを自分で貶(おとし)める必要は無いと思います。

 ひとりひとりが自らのフクシマを創造しましょう。

 フクシマという文字は、疑いようもなく「福島」という音を備えています。それを「憎悪」だと切り捨てること、わたしには出来ないのです。誰か他人の決めるフクシマに従い、その音フクシマをも毛嫌いして満足なら、そのかたには何も申しません。嫌う自由はあります。しかしわたしは自分がその言葉を愛しいと思っている自由を、ここに認(したた)めます。

 詳しくは、現代書館より拙編の「フクシマ発」をご覧くだされば幸いです。
 昨今のデマ騒ぎも、2行で本質を書いてあります。