いごく「ふくしま/フクシマ」 吉田邦吉

また少しの間だけ出しておこう。

いわき市が「いごく(igoku)」というメディアを始めていて、小松さんが参加して編集している。地域包括ケアは旗振り役が必要なので良い取り組みだ。それなのに全く関心が増えず、「デマの件で争う」のほうがTwitterではぐんと上がる。

食のテーマについても安全論は伸びない。それには理由があると私は思う。ただ、私で言えば実害論しかアクセス数が伸びないのとそれは同じ構造である。SNSユーザーは争いや闘いに飢えている。議論と争いは異なるが。NPO法人や地域の活動などを無視している。

だが私は考えの違う人達を押しつぶしたいと思わない。放射能御用はそうでないから困る。悪い。だが、8年目の今それだからといって私がまた刀を抜いたら、無用に傷つく人を増やすだけだから鞘に入れた。

争いを好むことはリアルと乖離し過ぎていることにネットが気づいていない。リアルでは逆だ。争いが好まれず生産的が好まれる。ここらにネットとリアルの溝すなわち政治と社会の溝がある。

私と小松さんの放射能についての考えは合うかどうかわからない。
たぶん、どこかがあわない気がするし合う面もある。

しかしいずれにせよ、争いよりも福祉に取り組む人を私は立派だと思う。地域にこだわる。そこが良いと思う。少なくとも放射能の議論で盛り上がるのはTwitterだけだ。政治の争いだけだ。

政治に社会は関心がない。いっさい怒ってはならないとかそういうことを言っていない。人間の自然な感情を誰も否定しない。ただ単に、なるべくなら争いに人は参加したくないだろうと私は思う。

政党だの政治家だの。
大事なのは政策論とその結果と未来だ。

ある人は言った。「自分たちは籠のなかの鳥だ(≒鳴いている=泣いているしかない)」と。それは一理ある。だが別の側面から見て、被災者とか被害者とかそういう枠だけで捉えられたいと私は思わない。

あくまで被災は自分を形成する一つの部分的な経験に過ぎない。論理関係が逆なのである。地方や地域を下に観ないでもらいたい。私達は同じ人だ。争いに利用されるための被災ではない。事実は事実として見てもらいたい。

以前わたしは「不幸を政治利用するな」に反対した。それは今も変わってない。人の不幸を放置しすぎて酷いものになっているのに何もしない政治は批判されてしかるべきだからだ。

しかし「人の不幸を政権を倒すためのネタとしか考えない」のと「人の不幸に共感を寄せ、何もしない政府に、結果的に腹を立てる」のとは、だいぶ違う。普段の行動が違うから、わかる。

常に牧歌的であれとは言わない。無理だ。
常に争いであれというのも無理をしていないか。
どうしても闘いたかったら自分と闘おう。

よって争い、そんなことに焚き付けられるしか能がない福島だなんて私は絶対に思われたくない。私達はもっと優れている。私達の暮らしを見てもらいたい。私達は争わせられるだけの植民地などでは決してない。

個性ある人の暮らしがある。

磐城の山々 吉田邦吉

 ああ、こんなにいわきの山々って美しかったんだ。

 山国会津で培われた観察眼に違いない。春4月初旬、温かく、いつものように明るい陽射しが照らしていた。今年は双葉郡の桜も会津の桜もみな一度に咲いたぐらいだった。三春はすごいことになっているに違いない。どことなく春ぼけしたまま車に乗る。平のロッコク(国道6号線)辺りで桜が咲いていたのを眺めた。差塩(さいそ)辺りだとたびたび思うが。ふわふわもこもこと雑木が色とりどりになりつつあった。黄土色から茶色、緑の木々に、薄桃色、濃い桃色、白色、黄色の花々そして椿が咲いていて、会津では少ない竹が浜通りには生い茂っていて、家々が犇(ひし)めき合っていた。避難の友人たちともときどき話すが今回はいわき市で90歳のお爺ちゃんとたまたま話した。あの辺に住んでる。ここから近い。ちょっと耳が遠いんだという合図をしていた。誰も何も言わずとも「うん、うん、うん」と、何度も小さく頷いていた。口数の少ないおじいちゃんの眼はとても優しく、この山々の春のようであった。昔々、磐城で私が観るモノは何だったか、少し考えていた。洋服、アクセサリー、小物、音楽、食べ物、海、……ふつうの暮らしがそこにあったことを思い出す。幼い頃はスケート場にも行ったことがあった。双葉郡の外で買い物と言ったら、南相馬または、磐城であった。稀に郡山、そして仙台または東京である。いわきの今は、どうなったのだろう。あの直後から昨年までと今年とでは、また違う風景になった気が最近している。磐城を出るころ、磐城は暴風警報だとラジオが伝えたのは、阿武隈高原あたりだったか。

 雪の縞が残る磐梯山は雲に届き、その上に繋がっているかのようだった。

通巻12号「夢語り」著:吉田邦吉 発売開始2018年3月

単行号(通巻12号)
2018年3月発売「夢語り」(yume gatari)
40頁、定価550円 ISSN 2189-4639

WELTGEIST FUKUSHIMA 12号 執筆・編集・発行:吉田邦吉 2018年3月 

WELTGEIST FUKUSHIMA 12号 執筆・編集・発行:吉田邦吉 2018年3月 

解説
 自分が観た夢を詩の形式で語る。3・11原発避難の文として異色かもしれない。
 それを心理学の研究基礎にしようとする意欲作である。

執筆・編集・発行
 吉田邦吉

ーーー

定価550円

・注文方法
「お手紙を送る」より以下を送ってください。

1、送り先 2、氏名 3、冊数

・送料(スマートレター・ゆうメール [旧冊子小包] )

スマートレター
1~5冊まで180円

※送料はあくまで指針です。60ページのもあれば40未満のもあり、文字組がハーフサイズの単行本なみに大量に入ってる組もあり(定価が違うのはこのためです)、場合によって少し変わることもありますので、注文を受けてから計測し、ご連絡いたしております。

※送料を、定価×冊数に追加してお振込ください。

・振込先

ゆうちょ 18280 27500011 ヨシダ クニヨシ

・他行からの振り込み先

店名 八二八(ハチニハチ)
店番 828
預金種目 普通預金
口座番号2750001

※わたし吉田のフェイスブックへのご連絡でもありがとうございます。
前にご注文くださったかたはご連絡一本で発送いたします。

定期購読の申し込みもいつでもお待ちしております。

心よりありがとうございます。
歩みは遅くとも続けていく所存です。
何卒よろしくお願い致します

通巻15号 聞き書き二幣地 著:吉田邦吉 発売開始2018年3月

単行号(通巻15号)
2018年3月発売「聞き書き二幣地」(kikigaki niheiji)
40頁、定価550円 ISSN 2189-4639

Weltgeist Fukushima 15号「聞き書き二幣地」著:吉田邦吉 2018年3月発行

Weltgeist Fukushima 15号「聞き書き二幣地」著:吉田邦吉 2018年3月発行

解説
 廃村となった会津の山奥の小さな村、千年の、炭焼きの歴史ある旧二幣地村の現場を訪ね、山を登り、川の水を飲み、熊に出会い、炭焼きのご本人からお話を伺う。民俗学として聞き書きの形式でまとめた。著者が会津民俗学研究会の研究会員として研究してきたことであり、第一弾の集大成である。

執筆・編集・発行
 吉田邦吉

ーーー

定価550円

・注文方法
「お手紙を送る」より以下を送ってください。

1、送り先 2、氏名 3、冊数

・送料(スマートレター・ゆうメール [旧冊子小包] )

スマートレター
1~5冊まで180円

※送料はあくまで指針です。60ページのもあれば40未満のもあり、文字組がハーフサイズの単行本なみに大量に入ってる組もあり(定価が違うのはこのためです)、場合によって少し変わることもありますので、注文を受けてから計測し、ご連絡いたしております。

※送料を、定価×冊数に追加してお振込ください。

・振込先

ゆうちょ 18280 27500011 ヨシダ クニヨシ

・他行からの振り込み先

店名 八二八(ハチニハチ)
店番 828
預金種目 普通預金
口座番号2750001

※わたし吉田のフェイスブックへのご連絡でもありがとうございます。
前にご注文くださったかたはご連絡一本で発送いたします。

定期購読の申し込みもいつでもお待ちしております。

心よりありがとうございます。
歩みは遅くとも続けていく所存です。
何卒よろしくお願い致します

◇月いちリレーエッセー◇ 共に過ごしてきた「我が家」が無くなるとき~酒井 政秋~

2017年も残すところあと14日。

今年は3月末日に飯舘村避難指示解除になり、ようやく解除後に我が家の除染がはじまり、我が家の家屋解体をした。

家が無くなるという事は、はじめは想像すらつかないし実感すら持っていなかった。ただ、漠然と家を解体するんだな。という事だけだった…。

家屋2017しかし、いざ、除染が始まり、土が削られ、家屋周辺、田畑などがどんどん剥がされていくたび、心の中で何かが削られるような、いや、何かをえぐられる様なそんな気持ちがした。それは自分が育んできた生活をむしり取られるような感覚かもしれない。

除染も終わり、いよいよ家屋を解体するという連絡が入った。
祖父母が一代で築きあげた家が壊されていく。祖母からしてみたら、どれほどの心の傷なのかは孫であるわたしにも想像できない。もしかしたら、今まで生きた人生を一瞬で奪われる様な気持ちなのかもしれない。けれど、本心は分からない。
9月解体現場を見に行こうと決めた。家にたどり着くまで何を思って車を走らせたのかその時の記憶はないけれど、解体がはじまった家を見て、心臓がバクバク音を立てて早くなっていくのは感じた。この時にようやくこの家が、私が生まれてから共に生活をし、台風の日も、雪の日も、あの地震の時にさえも共に過ごしてきた「我が家」が無くなるときだと実感したのである。

壊されていく我が家変わりゆく姿を行ける日に足を運び写真で撮り収めた。
だんだんと崩れていく我が家が哀愁を帯びてゆく。

解体家屋

季節は初秋から本格的な秋へと変わる中、一軒の家は、更地になった。

更地

幼い頃、囲炉裏の淵でどこまで遠くに飛べるか姉と競い合っている中、誤って落ち大やけどをした囲炉裏も、よく寝坊をしそうになって急いで滑り落ちてた階段も、親戚がお盆に集まり従妹たちと蚊帳に入って遊んでいた客間も、受験勉強を夜遅くまでやっていた部屋も今では私や家族の心の中にしか存在しない。そこに行っても、影も形も今はない。けれども、そこは私が生まれた故郷ではあることは確かなわけである。

原発事故というものは、どこまで私たちの心を汚していくのだろうか。
わたしの住んでいた集落(わたしたちは「組」とも言っている)は帰村する人はゼロである。いずれ誰かが住むにはもう一度、先代が行ってきた「開拓・開墾」をしなければ住めないであろう。そういう「時の継承」をも失ってしまったのである。

これから、集落に祀ってある神様はどう継承していくのか、今の世代の人たちですら年配者である。次世代と言ってもこの集落では私を含めて2名しかいない。話し合いを重ねながら解決していくとは思うが、20年後の未来が原発事故のおかげで時を越えてのしかかってくる。緩やかに継承するはずがそうもいかない状況にさらされている。それもまた問題である。こうして、一つの集落、個々の問題だけでも問題は山積しているのである。飯舘村全体で大小問わずにどれだけの問題が日々増えていってるか予想をはるかに超えるだろう。そのなかで、当事者が沈黙してはダメ。と風の便りでそういう声が聞こえてくる。しかし、それ以上に現場では日々その問題と向き合い打開策を考えている人もいるという事を知ってほしい。そのうえで、無理のない範囲で発信を出来る人はやっていると理解をしてほしい。

来年は原発事故から8年目、時だけが足早に過ぎ去っていくが、それとともに県内の中での温度差、県外の温度差、自分の中での記憶の風化、どれだけ「自分事」として考えられるのか、当事者としても試される1年になるのではないかと思う。

 

本年もご愛読くださり誠にありがとうございました。

来年もできるだけ発信できるように精進していく所存でございます。