日本国家と日本人 吉田邦吉

なんだか最近ネットを観ていると誤解が増えているように思います。私は労働法や国籍法に詳しくありませんが、少し考えてみたいと思います。

日本という国家は、いろいろな民族が複合して出来た国です。この論点で日本人とは、人種ではなく、法的な、日本国民の意味とします。

海外の人達が沢山来ている昨今に、「日本が乗っ取られる」とか、「日本人のほうを労働条件で優遇せよ」とか、そう簡単ではない相談だと私は思っています。

以下はそのうちの一つを例にとって話を進めます。

日本人であることは国籍が日本ということであり、海外国籍ではないということですが、それをもってどう労働の質が高いのかを企業側が認定しなければ上昇しないでしょう。国籍が違うと労働の質が違うという理由が必要です。

しかし通常、労働の質が高いと言えるためには、技術がある、資格がある、実績がある、若いから体力がある、高齢だから経験がある、そういうことだと思います。

そうでなければ、同一労働同一賃金という基礎的な主張からして崩れてしまい、同じ労働をしているのに日本人だけ優遇せよと言うならば、それは貴族と農奴のようなものになると思います。海外で働く外国人という名の日本人が、同じ目に遭っても良いのでしょうか。

むろん、政策として海外からの労働者を増やす前に、日本にいる人々の労働環境の待遇を改善すれば、日本にいる人がその職種に働きたいと思う人が増えるとかそういう話は別ですが、日本に住まう人々は日本人とは限りませんね。外国人も日本に住まう人々です。

また、企業が望んでいることを政府はおこなっているのでしょう。企業に主導権を渡しているのは、例えばTwitterなら、どちらかと言えば右よりな発言をする傾向のある人たちではありませんかね、原発とか。

とにかく、大和政権の暗い歴史には、似たような、ある部族の人々への、不当な扱いがあったのではないでしょうか。藩や部族内部ではどうでしょうか。戦が終わって服属してその国の人間となっても、です。

また、東北のとある業界では同一の労働をしているのに賃金が安いのは歴史的理由もある、つまり不当な理由もあると、聞いたことがあります。正当な理由なく、敗北した福島以北だから安い給与。

そういう歴史は繰り返して大丈夫でしょうか。繰り返さないように気を付けなければならないと思います。だから何か、もし国籍で賃金を考えるなら、理由が吟味されねばならないと思います。

外国人ばかりだと言いますが、海外からの観光客を望んでいるのは日本人であり、海外からの労働者を望んでいるのも日本の企業です。日本人は人件費が高い上に3Kの仕事などをしたがらない。

給与をあげる余裕が企業になく、政府も何ら動かない。今現在で、海外からの労働者を減らしたい議員は少ないのだと思います。海外からの労働者がいないと途絶えそうなところも出てきているようです。

(参考:外資系になった漁業 外国人依存ニッポン NHK)

それに、そもそもその海外の人達というのは、歴史をさかのぼれば、「われわれ自身」です。地続きだったこの列島に人類が最初から住んでいたわけではないと思います。

いま、同じ人間に向けて「外国人」などと指さしている無知な人々もいるかもしれませんが、いずれ、急速な人口減少にともない、日本政府は、国家が消えてなくなる前に、対策するでしょう。

誰でも長い間にわたって税金をおさめたり国防や外交そして文化や社会を考えてくれる人達すなわち国民の数が増えるほうが国家が維持されて、国家にとって良いのです。

多分、国籍要件を緩和したり厳格にしたり、いろいろとコントロールしだすでしょう。何民族でも国民になれるのが国家です。

「外国人」は「いろんな民族や人種」です。「なに民族でもなに人種でも日本人になれる、今までもそうしてきた」それが「国家」です。つまり、外国人は要件を満たすと日本人になれる可能性ある人たちです。

いろんな民族の人達と日本人たちが交流したりして、たまに結婚したりもして、日本人の人口が増えだしていく。繰り返されてきたことだと思います。

ちなみに、外国人という呼び名を嫌う人々もいますから、もし配慮したい場合には注意が必要です。その場合は海外出身の人達などという言葉を用いましょう。

それにこれからの時代は外国人労働者どころか人工知能が働きだすと思います。すでにレジではオートメイション化も進んできて、人がぐっと減りました。

労働環境、社会福祉、そういう暮らしやすい社会といったような憲法上のことをしっかりした土台にしたいのであれば、どういう政党や政治家を応援しますか、お任せしますが。

地域を共同で営む上でいろいろな課題は出てくるかもしれませんが、それも、国籍とは関係のないことです。

いずれにせよ、海外から来る人達は、希望や不安をもって、故郷と離れ、長い旅路を、見知らぬ町まで来ていただいています。

日本人は自分が移民や難民になるという想像力がない人達が沢山いると思いますが、昨今の時事ニュースを見て、そういうことを想像したほうが良いと思います。

「ようこそ!来てくれてありがとう!」と言って迎えたいと私は考えています。

To live everyday – Kuniyoshi Y.

Thanks a lot for what browsing counters records 90,000 from the world except for Japan. There are so many bad actions in all over the world. Ignorance, menial, abject and subservient. It’s not so easy to seek truth tastes very bitter. We might feel our own helplessness from time to time. It’s one side of the words, but we could consider it’s a practice of a principle of non-violent resistance or communication based on kindness and compassion would be healing ourselves as a part of the world. Nobody knows one’s tomorrow nowadays though I never hold an idea of nihilism. Don’t fool yourself. Don’t deceive yourself. Remember the rights and the dignity of individuals. Cheer yourself. That’s a history that people live everyday, every time, every moment. Are you ready.

一般庶民への言葉狩りに注意しよう。 吉田邦吉

災害時や不幸な時こそ人は、強いストレスにさらされるため、気分や情緒の浮き沈みが激しくなる。準備不足の言葉には失言も多くなるだろう。それを「デマ悪い」系のTwitterアカウントの群れの一部はこぞってたたきまくるに違いない。「デマに気を付けようという周知」だけではなく、「これはデマだ!」「それは不謹慎だ!」で、とことん直接につっかかり責め立てる人たちがいる。原発関連の問題からそれは明らかになっている。特に「放射能の量」云々で「ちょっとだから」「過剰に言われる風評被害」の人達に散見される。一般庶民への過剰なバッシングは、それがなぜ、どのような人によって、行われているのか、よく推理しておく必要がある。そうすれば理由がわかることも多いに違いない。過度に緊張した空間は窮屈で呼吸しづらい。ある程度の振れ幅で、広々とした寛大な言論空間を希望したい。

爽快な水色に紫陽花 吉田邦吉

わぁ、と拡がる爽快な水色の空が気づかぬうちに段々と朱色に染まり行く。うす軽く息をつき何かを思わぬ思いに癒され、これはどこまで上が在るのだろう。恐れながら地球が宇宙に生かされるのに必要な距離感なのか、地球が地上に与えた空間の膜なのか。ほんのわずか、表層で、ほんのわずか、すたすた。どうして切妻屋根で縁取られたこの漆喰は黒くならないのだろう。特段の音もたてずに浜風を浴びながら鎮座している。松の葉が緑色の花火をあげっぱなしにして緑色の松ぼっくりを抱えている。民家の軒先辺り小庭では枯れていく花々のそば。青紫蘇みたいな葉たちが称賛している柔らかい色の青紫色と赤紫色ぐらいの二色を恋人同士の様に並んで咲かせて初めて世に出る二輪の紫陽花とまだ白くて小さな紫陽花たちそして濃い桃色で所狭しぽたぽたと微笑みながら咲いている沢山のツツジを眺めていると茶色い虎柄の少し年取った猫が私に気づかずに物陰から歩いてきてにゃにっという顔をして少しよろけながら別の物陰へ歩いていった。あっちのほうでは水がたっぷりしているんだ。夕闇。

Radwimpsに宛てた2通のメールとリプライと。 吉田邦吉

2018年6月19日
津田大介さんのツイートによって知りました。謝罪した後にライブで開き直るのはよろしくないと思います。国を愛して悪いとか誰も言ってないと思います。しかしこの歌詞に違和感を感じず、愛国であることだけに自己肯定感または正義感を思っている、それはもう、だいぶあれしていると私は思います。あえて声高に言わないのが美徳と思っているだけで人には大なり小なり愛国心とか同胞愛、博愛みたいなものがあると思いますよ。国を好きでいる自由があるなら、国を嫌いでいる自由も尊重しなければなりません。野田さんだいぶ幼いのだと思わされました。今回の件は言わざるを得ないと思うほど驚いたは驚いた、という感じです。日本を歩いて良いなあと思うのは、だれでもある。でも今のところ、日本国家を礼賛してるだけで日本国家が良くなると私は思いませんが、野田さんもそう思って今まで抗議をしたりしてきたはずです。なぜ同じ方向が、ここまで違う方向に見えるのでしょうか。まあ、このままひねくれて帰ってこなくても、それはそれなのでしょう。なんたるオチ。私なら自分がおかしな方向へ行っているときには読者から言ってもらいたい。でも、野田さんは表向き謝罪しておいてライブでは開き直る。これは黄色い嘴だとしか言いようがありません。こどもなんです。野田さんは多くの実績があるでしょう。それなのに野田さんは思いのほか自己肯定感が少ないということもよくわかりました。もったいないですよ。とりあえずしばらく。

2018年6月14日
この歌にデモをしないほうがよいと思います。私はいちファンの対話式感想として下記のようなことを言ったまでで、RAD自身が恐らく今回の件で傷ついていると思います。人が歌を歌うのはそれがひどく差別を煽るものでない限り、思想や表現として自由です。自由の範囲内にあるもので、私人に対し特定の歌を歌うのをやめさせるほどの強制力を私人は法的には持たないと思います。

2018年6月11日
RADWIMPSの野田さんからTwitterでリプライがあったようです。いろんな人たちの意見を聞いて、なるほど戦時中のことと結び付けて考えられる可能性があるかと腑に落ちる部分もあった、人を傷つける意図ではない、これからのキャリアや活動で証明していきたい、概略このような趣旨でした。

野田さん良い人ですね。ご理解なされたなれば特段に謝るまでする必要はないと思います。それにしても震災や苦難から立ち直るような歌詞がこれなんですね……ヤマトの占領軍にしか読めない私のほうがおかしいのでしょうかね。考えさせられるところです。私なら「日本固有の言葉」というのを、どのように綴るだろうかと、ふと考えさせられます。

少なくともこのような歌詞ではなさそうですが、野田さんはこのように思っている。「みんなが一つになれるような歌」。思うに野田さんはすでにそういう歌を山のように書いているのであってこのような、どちらかといえば、むしろ一つになりにくい歌詞を考え出さずともよかったような気はします。

難しい言葉かもしれませんが、「多様性からの一体感」というのは、どうなのでしょうね。私ならそうするかもしれませんのでやはりHINOMARUとは気分が合わないわけです。全体行動をとってくださいと学校で言われるのが、当時は何とも仕方ないことでしたが、今同じことを言われたら大変気分が悪くなるからです。

人はいろいろですね。ぼくが今回うれしいなと思ったのは、ある意味では完璧とも思われる野田さんがこのような歌詞を素直に書いたことでもあります。(この歌詞が正解不正解・自由不自由ということよりも)野田さんほどの人でも全員が納得するのは難しいというのを考えさせられました。明日は私が間違える番でしょう。

法的な概念である「日本国民」は、人種や民族ではないですね。そこに「日本人」と名付けるから問題が起きる気がしています。国家というのは、ひとつの統治形態であって、他の国も同じように国家であり、国家とは種類でしかない。よって「日本人の歌」という熱狂的なものよりも、「日本列島の歌」というようなもののほうが、的確に思われます。

私も日の丸、持ってますよ。
けど社会情勢を見つづけて、飾っていたのをしまいました。
やはり声高に言うことじゃないと思ったからです。

いずれにせよ
歴史的な観点から国家的熱狂というのを私は拒否しますけれども、
よし、じゃあこれからもRADを聴こう!好きだし(笑)


以下6月10日に書いたもの。

ラッドウィンプスさんへ

私は3・11の避難者です。3・11前からラッドウィンプスを聞いてきました。RadwimpsのHINOMARUを読みました。正直、特定の思想がないのではなく、何ら勉強をしていないのだと思います。特定の思想もないのにこの歌詞も無いでしょう。

まず一行目の御旗ですが、日本の国旗・御旗は古代から無いです。ただ燃えて書いちゃった的な青臭さを存分に感じます。さらに一般的に言えばこういうことは、もし多少感じていたとしても声高に言うことじゃないと戦争に後悔した人々が分かっていると思います。彼はわかってないように見えます。

戦争を体験したことがないのに戦争へ行きますとでも言わんばかりの歌詞が流れ続けることの恥ずかしさをわかっとらんのです。「いや、サッカーなんです」だとしたら、サッカーは沸き起こる日本固有のイニシエと関係がないです。沸き起こる日本列島のイニシエならば縄文時代を思うべきでしょう。

なぜ150年前ほどの昨日今日の愛国思想が「特定の思想がなく、いざゆかん」なのか全く不明であります。空窓が素晴らしいだけに、人には得手不得手があるということをあらためて思わされました。運命的ドラマチックな楽曲になぜネトウヨが入るのか。ゆず・椎名林檎の二の舞です。あきらかにこの3者は変わりました。みずからにエリート志向があるのかもしれないと感じられました。そういう者ほど明確な幼稚を恥ずかしげもないものです。

しかし君の名は。トレモロ。などなど、すごくよかったです。よく学んで、やり直すことだと思います。今日は朝からトレモロ聞いていました。

右翼的なポップソングなんか聞きたくありませんから、聞きません。戦争に協力または礼賛または国威発揚をしまくった文学者らが戦後にどれだけ後悔して、また、どれだけ糾弾されたか、知らないに違いありません。

「思想の自由だから自分の勝手だ」と思うなら、私のこの意見も自由だと思います。しかしラッドさんのような、ある世代にとって国民的な英雄ともとれるようなミュージシャンが、こういう歌詞を書いたら、どうなりますか。

もしロックなら、そんなのはロックの魂はいってないです。それなら昔の軍歌を聞いたほうが良いと思いますよ。わたしのほうが年上かもしれませんが、ご才能に敬意を持っています。

しかし最後だけため口で言わせてください。
目覚めろ!戻ってこい!復活!ラッドウィンプス!

こちらへ送りました。
http://radwimps.jp

もう一個おくりました。

もう一つ言い忘れていました。 愛国心があるなら今の政治は本当に良いと思っていますか。良いと思っていないのに国に酔っぱらっているのですか。政府国会を批判して日本を良くしていったほうが良いと思います。

ただの「国に酔っ払い」「リスナーを見下し」「物事に無知でいる勇気」という思いやりのない隷従が愛国では決してないと、私は思っています。

ラッドさんは、ラッドさんの年下や同世代の人たちの暮らしが今、どのように政治によって切り取られ、売られてしまったか、奪われてしまったか、まったく知らないのだと思います。

本当に国を思うなら、本当に先人と子々孫々そしてこの、豊かな日本列島を思うなら、もう一度、もう一度、何度でも、引き返すよう、目覚められるよう、お考えになってください。

311について。空窓で実に私は感動しました。それまでも感動していましたが、感謝の気持ちでいっぱいでした。今でも私たち避難者は、家族離散、みな次々に病死、病気、とんでもない状況を日々おくっています。 そこへ愛国大合唱する人たちが、「賠償もらって乞食」といいまくってきています。

「愛国なら原発に賛成しろ」とでも言わんばかりです。「愛国なら少しの放射能を気にするな」「危険とは言うな」と言わんばかりです。猛烈な風が吹いています。 原発事故がなぜ起きたか、知っていますか。愛国・愛国の大合唱で、「平和のための原子力」というウソを国民に酔わせたのです。それで、「危険」とか「批判」とかする人たちのことを「アカだ」とか「バカだ」とか言って、口封じをしました。

その結果が、「電気屋が電源わかっておらず、大爆発2度」です。震災・原発事故関連死での福島県の死者は2000人を超えています。ラッドさんはそのことの歴史的な重みが、わかりますか。 ぼくらは貧困で、情報弱者で、無知だった歴史があります。だから「原発は平和のために使います」と言われて、もろ手を挙げて賛成したのです。

いまとなってそれを「危険なものを受け入れたのはお前らの自己責任だ」と言われているのです。「東京都が株主の会社」ですよ。「東京都民も一部持ち主だった」のですよ。ぼくらの持ち物じゃなかったんです。それを「自己責任だ」と言われてくださいよ。 愛国を盛り上げまくって、全員が、「良い感じのところだけ感じて、あと何の弊害も起きない」なんてこと、あり得ると思いますか。

日本には全員が「クールで、温かい配慮があって、多少の間違いを気にせず、絶対に差別もなにもしない、完璧な人間」だと思いますか。 大量の間違いが起こると思います。ぜひ、そのあたりを考えてください。

津波被災に関しても、津波被災の想定は、あったんです。それを「口封じ」「見下し」「抑圧」というような組織体系が、隠蔽して、ないことにして、結果、「津波被災」と「原発事故」です。 この汚染は、何百年つづくのでしょうか。国土が汚染されているのですよ。

赤ん坊に放射能を吸わされて、食わされて、かぶらされて、まだ「お父さんお母さんありがたいからいざゆかん」なんてことだけを言っていて、本当に「それをありがたいと思っていると言える」のですか。

本当に思っていると証明なさりたければ、
自己陶酔でなく、 もっと過酷な道になるはずです。

以上です。私の説明をこれ以上に増やすと話がまどろっこしいので、野田さんという稀有な才能を持つかたには、このぐらいにします。昨日私が書いた文が、この事件のおかげで、まるで逆の意味にもとられかねないと思いましたので、そうではないということを明確にしたいと思います。

ところでわたしは、昨今の社会的言論状況のもと、明治大学が、法政大学の宣明を「支持」したことを、大変偉大だと考えています。

批判的精神というものは、自発的な隷従からくるものではなく、理性的に、それを認めた場合、支持するという、自由や博愛などの精神から沸き起こるものだと思うからです。

人類が言葉を覚えるずっと前からあった営みだと思います。明治大学・法政大学